最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

『アクティブ・ラーニング時代の教師像』を読んだ。〜その2〜

前回の続き。 taka-ichi-sensei.hatenablog.com 「魁」教師の危険性 しかしながら、この「魁」教師にも非常に危ない問題が潜んでいる。 そもそも「魁」要素が非常に強い教師、または「魁」100%の教師であり、且つ、非常に学級経営がうまくいっている場合…

『アクティブ・ラーニング時代の教師像』を読んだ。〜その1〜

先日、この本を読み終えた。 アクティブ・ラーニング時代の教師像: 「さきがけ」と「しんがり」の教育論 (教育単行本) 作者: 堀裕嗣,金大竜 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/03/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る あまりにも“共…

父になって、『そして父になる』を観た。

昨日、Amazonビデオでこれを見てしまった… そして父になる 発売日: 2014/04/23 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 実はこの作品、息子・娘が生まれる前に一度見たことがある。 今回、改めて見ると… やはり視点が違う。 その点では、父親役…

子どもとの時間、仕事の時間。

この休みの期間、息子・娘と過ごす時間が普段以上に多い。 休みだから、当たり前といえば、当たり前なのだが… そこで、改めて思う。 子どもと過ごせる時間というのは、かけがえのない時間だということ。 taka-ichi-sensei.hatenablog.com 理想をいえば、四六…

夏休みボケ。

“休日”に慣れすぎた。 有給休暇を出来るだけ消費して、休みを取っている8月。 来週からは出張や出勤も入ってくるので… こんなにゆったりと過ごせるのは、「今」だけなんだが… なんとも贅沢なことに、こういう生活に慣れてしまった。 慣れというものは怖い。…

朝、起きるということ。

最近、目覚ましをかけないで起きている。 今は夏休み中(有給休暇)だし、翌日“寝坊した”としても、特に迷惑をかけることもない。 しかし、朝の自分の時間はきっちり確保したいので、なんだかんだで3〜4時には起きている。 そう、自然と起きられるのだ。 …

子どもと朝活。

今朝は7時半から息子と娘を連れて、近くのA公園に向かった。 そこで、ボール遊びをして… 次にB公園へ。 ここでは、遊具でとことん遊ぶ。 続いてC公園へ。 ここでは、再びボール遊び。 トンボやセミも多くいた。 次に向かうはD公園。 ここでは、また違った遊…

読書の夏、積ん読の夏。

最近、雨が続くなぁ。 雨だと、いろいろと行動に制限がかかる。 外へ出るのにも、ブレーキがかかる。 というわけで、朝ガストもなかなかできない。 まぁ、仕方ない。 読書の夏。 いろんな本を読んだり、買ったりしている。 というか、主に買っている。 「夏…

習慣化するには、このアプリ。

読書の夏、運動の夏、ダイエットの夏。 この夏で、様々な習慣を身につけようとしています。 (以前からの習慣も継続して…) そこで、最近使い始めたアプリがこちら。 超じぶん管理「リズムケア」 Yasuo Shiohata ヘルスケア/フィットネス 無料 これは、自分…

朝5時からのミーティング。

今朝は、5時から勉強会。 新たな志高い仲間が参加してくれて、会も盛り上がってきた。 いつもの“カフェ”がメンテナンスのために7時まで使えないということで、いつもとは違う“カフェ”で第1部を行った。 6時になり、いつもの“ミーティングルーム“が開いた…

友人とアクティブラーニング。

昨日は、大学時代の友人に会った。 およそ1年半ぶりの再会。 この友人、現在はどちらかといえば“体力派の仕事”をしているが、彼を形成しているものはほぼ“知性”だと思っている。 だから、話している最中も、言葉の端々に“知的さ”を感じる。 昨日は、彼の仕…

プロフェッショナルになりたい人へ。

NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」はご存知だろうか。 毎回ある仕事にスポットライトを当ててその仕事に情熱を傾ける“プロフェッショナルの中のプロフェッショナル”をスタジオに招き、その仕事振りや仕事における信念などをドキュメンタリー映像と…

子供と過ごす時間は、決して無限ではない。

今、この本を読み進めている。 TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫) 作者: ハイラム・W・スミス,Hyrum W. Smith,黄木信,ジェームス・スキナー,James Skinner 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2009/11/16 メディア: 文庫 購入: …

「本物」と出会う。

昨日、恐竜に会いに行ってきた。 www.dinosaurzoo.jp 今、息子は3歳。 一番のブームは「恐竜」なのだ。 この息子の興味・関心を大切にキャッチしたいと、最近強く思う。 昨年までだったら、一番興味をもっていたのは「トーマス」だろう。 しかし、いつの間…

仕事や勉強だけでなく、もっと自分の「欲」も大事にしたい。

読書の夏。 夏は読書が捗る。 というより、「読書習慣」が戻ってきた感じ。 多忙感があるときは、「読書どころじゃない…」みたいな空気が出てしまったり、そもそも日々の教材研究に時間を費やしてしまったりで… だからこそ、こういう長期で休暇が取れる時期…

この夏で「最高の睡眠」習慣を。

この夏を利用して、自分の生活習慣の改善を図っている。 一言で言えば、時間を有効に活用するということ。 教育書を読み進めたい気持ちもあるのだが… それ以上に、まずは仕事を効率化するための「仕事術」系の本を多く読んでいる。 これがすべての基盤になる…

ユーモア・スキルを身に付けたい。

「将来は、お笑い芸人になりたい」 「まずは吉本興業に入ることが目標だ」 これは、自分が小学6年生のころに描いた“夢”である。 本気で「お笑い芸人」になりたくて、日々修行(?)を重ねていた。 修行というのは… ・お笑い番組を見まくる ・友人と即興コン…

ノート術について本を読んで考えてみた。

昨日、ノート術の本を読んだ。 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 実践編 (Nanaブックス) 作者: 美崎栄一郎 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション 発売日: 2010/06/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 4人 クリック…

昨日の学び、そして8月へ。

昨日、セミナーに参加してきた。 この夏、1発目のセミナー。 思えば、昨年の夏もいろいろと駆け巡っていたな。 今年は、より厳選。 昨日参加したのは、第8回目となるセミナーだそうだが、私が参加したのは今回が初めて。 約6時間、講師の先生のお話をたっ…

夏の始まり。

6年生の林間学校も終え、 前期のプール指導(自分の分担)も終え、 しばらくは出勤しない日々が続く予定。 ある意味、やっと「夏休み」らしくなってきた。 学校の先生は、「休みがあっていいですね」と言われるが… この時期に有給休暇を消費しないと、大量…

見かけで判断しないで欲しい。

今日は、健康診断。 教員は(おそらく他の地区も?)毎年、夏に検診を受ける。 実は、私はいろいろと訳あって… 「採血」が大嫌いだ。 というか、苦手。 採血すると、気を失いそうになるのだ。(本気) そのため、採血は毎年ベッドで横になってしている。 採…

昨日で終了、そして今日から始まり。

昨日、1学期が終わった。 1学期後半は、毎日“追われて”過ごしていた。 これは明らかに、自分の計画不足。 その点は、次に生かしていく。 ただ、自分が思っているよりは… 現実は“悪く”なかったようだ。 客観的に見て、良いところも多くあったように思う。 …

「やりたいこと」か「やらねばならないこと」か。

1学期も、登校日は残すところあと3日…。 ただ、6年生はそのあとに3日間の宿泊行事がある。 そういう意味では、あと6日だ。 成績処理もひと段落。 やらねばならないテストや単元も、なんとか終えた。 こういう“追われて”いる時期は、辛い。 やりたいこと…

夏まで待とう。

「夏になったら…」 そうやって、あと1ヶ月は頑張ろうとしている。 1学期も残り1ヶ月だ。 こう書くと、誤解されそうだが、 決して、現状が「嫌」で、早く1学期が終わって欲しいというわけではない。 ただ、事実、仕事量を抱え込みすぎていて、余裕がなく…

疲れ…けれども、今が踏ん張り時。

今日は、「疲れ」が顕著に現れていた。 午前中、あまりにも眠くて、昼寝ならぬ朝寝をする。 起きた時はスッキリしていたものの、再び昼になったら眠気が… 体がぐったり…。 けれども、あと1ヶ月なんだ。 ここからがさらに踏ん張り時。

空白禁止の原則から考えたこと。

教育技術の1つに「空白禁止の原則」がある。 簡単にいうと、子どもが「何もしていない状態」を作らないようにすること。 例えば、一定量の問題プリントがあるとして… それを解き終えるのに要する時間は、人によって様々だ。 その時、“早く”終わった子には何…

こんな休日もいい。

今日は、朝5時から仲間と勉強会。 その後、昼過ぎまでカフェで仕事。 そして午後からはサークル。 いいな。 最近、少し気が滅入ることもあったけど… こういう場に行くと、元気になる。 そして、新たな視点が入る。 月曜から早速実践していこう。

今後の計画を立ててみたら…。

さて…大変だ。 今後の計画をザッと考えてみた。 授業について、行事について… もしかしたら… 間に合わないのではないか!? ちょっと、ペースがゆったりとしすぎたかもしれない。 けど、やるしかないのだ。 子どもたちには極力“負担感”がないように… こうい…

謙虚さ。

昨日、職場の先輩(60歳近くの大先輩)とクラスのことで話す機会があった。 そのときに、自分の心にバキューンと響く言葉があった。 話が終わった後、しばらく教室で一人考えていた。 頭が混乱していた。 混乱の理由は明確…。 自分の「弱さ」に直面してい…

夜ガスト。

今、21時を回った…。 今日は、朝ガストならぬ、「夜ガスト」をしている。 一度、帰宅してからの夜ガスト。 家でやってもいいのだが、より集中したい。 今、“あること”に立ち向かっている。 それについて、できる限りのインプットを行う。 方法論ではあるか…

子どもへのラブレター。

高学年担任。 今年度は、急な6年担任。 4月から、子どもたち一人一人と…個とのつながりを重視してきた。 その主な手立ての1つが「自学」だ。 自分の中では、「交換日記」として位置付けている面もある。 そして、明日から新たな取り組みをしようと目論ん…

感情的。

「もっと“人間味”を出してもいいんじゃない?」 妻に言われた。 妻も、今は育休中であるが、教員である。 自分は(決して完璧ではないが)完璧なイメージがあるかもしれない。 子どもにとっては…。 隙を見せない感じ。 それがいいのか悪いのか。 けど、息が…

今朝も…。

先週に引き続き… 今朝も朝ガスト。 5:30〜9:00まで。 たっぷりと「教材研究」ができた。 国語、社会、算数。 およそ3時間で3教科… こうして見ると、効率が悪い…? 毎日、毎週、これくらいの「教材研究」の時間がとれればどんなにいいか。 毎朝行っ…

もっと謙虚にならないと成長はない。

異動して2年目。 自分でいうのも何だが… 異動を経験して、自身の力がだいぶパワーアップしたと感じる。 もちろん、“辛い”こともあった。 特に昨年度。 しかし、それも今となっては「良い経験」だ。 授業についてや学級経営についても(まだまだ甘ちょろだが…

今日は久しぶりに気分がよくない。

今日、久しぶりに明らかなる“負”のオーラを発した。 気分が、ガクンと落ちている。 どうしようもない。 こういう時は、あまりいろいろと考え込まない方がいいかもしれない。 すべてのことに対して「マイナス感情」が湧いてくる。 悪循環だ。 ちょっと… いや…

先生、気持ち悪い。

「先生、何言ってるの!?」 「ちょっと…気持ち悪い!」 「やめてください」 「つまらない」 こんな感じの言葉を、6年女子から浴びせられる…。 けれども… 「最高の先生です」 「卒業までよろしくお願いします」 こんなことも書いてくれる。 自分のキャラを…

学年主任には向いていない。

自分は… 学年主任に向いていないのかもしれない。 教員8年目、年齢32歳。 自分よりも“上”の人はたくさんいる。 1校目は、常に一番下っ端だった。 それが、2校目になると、急に学年主任。 なかなか“うまく”いかない。 まだ、周りを見る余裕がないのか… …

送りがなのきまり。

「働く」という文字。 この「働く」の“送りがな”は何だか、わかりますか? そう、「く」です。 では、「働かない」の“送りがな”は?? これは、「か」なんですね。 ついつい「かない」が送りがなだと思いがちなのですが(そんなことはない?) これは、「か…

歴史の学習は遅れがち…。

今年度で6年生担任は3回目。 過去2回、社会の学習はいつも“遅れて”いた。 が、今年は違う。 今、鎌倉時代を行っている。 次は元寇だ。 過去に比べると、いいペース。 しかし、早く進めればいいって訳ではない。 「歴史って、楽しい」という思いも味わわせ…

首を痛めて1週間…健康は大切だ。

先週…ちょうど1週間前。 首を痛めた。 筋肉のあたりか… 最初は「寝違えたか」と思っていたが、どうやら違う。 子どもの肩車や、(なぜか)前転を思い切りやったときに痛めたらしい。 1週間経った今も、痛む。 寝起きが特に辛い。 年々、運動不足で体が“か…

授業改善に向けて読書を始めよう。

今日、本を購入した。 中古本も合わせて、9冊。 軽く1万円は越えたか… インプットが足りていない。 切実に感じた。 6月に入り… “マンネリ”感をそろそろ感じそうな気配がする。 そう、あくまで「気配」だ。 けど、この感覚は恐らく間違っていない。 改革の…

朝に見せる教師の姿は「プロ」であるべき。

今朝は6時〜8時まで、2時間「ガスト」で仕事。 久しぶり。 集中して仕事ができる。 …が、店員さんがなんだか“覇気”がない。 注文を取るときも、料理を運んでくるときも、なんだか暗〜い表情。 声もよく聞き取れない。 そういう“人”なのかもしれない。 け…

プール掃除。

来週から「水泳」が始まる。 昨日、放課後に1時間ほどかけてプールの中の掃除をした。 プールの底や水面に小さいゴミ(植物や虫)が浮いているのだ。 その作業をしていて、思い出した。 前任校での話。 2年目〜3年目は水泳主任ということもあり… 毎年、水…

怪我した翌日の話。

昨日、休み時間に鬼ごっこをする。 全力疾走。 そして、豪快に転ぶ。 久しぶりに“擦り傷”を作った。 自分からしてみたら、大したことはない。 (ラグビーをしていた身としては、これくらい…) が、子どもからすると、ちょっとレベルの高い怪我の部類。笑 ま…

久しぶりにこんな時間。

先ほど帰宅。 1時過ぎとる…。 久しぶりにこんな時間まで飲んだ。 教育について語った。 時間を忘れてしまった。 ブログなんて書いていないで、早く寝ればいいものを… 興奮しているのかな。 さぁ、寝よう。 まだ、明日もあるんだ。

授業は参観しないと学べないよ…これは独り言です。

学校の先生は多忙だ、という話。 よく耳にする。 実際に、そうだろうと思う。 今日も、トイレに行きたい行きたいと思いながらも、結局給食が終わってやっと行けた。 行こうと思えば、強行できるのだが、そうもいかない。 とまぁ、そんな感じで多忙なのだ。 …

友達がいなくても…先生がいれば…。

クラスの中には、どうしても友達と馴染めない子が時にいる。 担任として、そこはなんとかしてあげたいという気持ちは山ほどあるのだが… 高学年ともなると、「教師の力」だけではどうにもならないことがある。 特に女子。 もちろん、本当に“力”のある教師なら…

堅っ苦しい面談は、嫌いだ。

「個人面談で意識していること〜Part2〜」を書いてみた。 一般的(?)な面談は、教室のドアから保護者が入り、用意されている席に座ってもらう流れだと思う。 ということは、入室してから着席するまでに、ほんの数秒の時間がある。 その時間に焦点を当てる…

個人面談にはカフェミュージックを。

先週、個人面談を終えた。(二者面談) 毎年、行っているこの面談。 初任の頃は、大変に緊張していたけれども… 最近は、そこまでの緊張感はない。 その一つの要因として、「準備」をきちんとしているからだろう。 この面談は15分という時間で行われる。 そ…

研究授業前日。

決戦の日。 明日は、いよいよ研究授業。 いろんないろんな思いがあるけど… それは胸のうちに…笑 とにかく、明日は思い切り。 いつも全力120%だけど… 明日は、さらに気合が入ってしまうだろうな。 120%にプラスアルファで… 780%くらいだろうか。 と…