最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

MENU

【親子ラン】あともうちょっとのエネルギー

 

f:id:taka-ichi0504:20190813195302p:plain

 

 

 

 

 

 

先日、5歳の息子とマラソン大会に出場。

 

5kmを走り切った。

 

いやいや…我が息子ながら、すごいなぁと思う。

 

私が小学生の頃は、2kmも走ったことがないんじゃないかな…。

 

もちろん、中学生になっても5kmも走ったことはないかもしれない。

 

まぁ…息子は「走りたい!」とは言ったものの、親(私)が参加させたようなものなので、半ば“強制”でしたが…。

 

 

 

 

 

途中、何度も水分補給をしたり、足が止まったりしたこともあったけど…

 

一度もくじけることなく走り切ったことには、感動。

 

 

 

 

 

 

 

最後、残り400~500mというところでゴールが見えたんだけど、

 

「もうすぐゴール」と分かった瞬間、

 

今までにないエネルギーを放出し始めた息子。

 

 

 

 

 

なるほどなぁ。

 

 

 

 

 

 

やっぱり、あともうちょっとで目標達成という時が一番強いんだな。

 

 

 

 

先の見えない長いトンネルよりも、

 

うっすらでもいいから光が見えているくらいの長さのトンネルの方が、頑張れる。

 

 

それを繰り返すことで、どんどん成長していくんだろうな。

 

これは、子どもに限ったことではない。

 

 

 

親子ランからの学び。

【人と会う】UDセミナーで感じたこと

 

 

f:id:taka-ichi0504:20190811213322p:plain

 

 

 

 

第5回ユニバーサルセミナーに参加。

 

最近は、やたらめったらにセミナーに参加するということもなく、

 

自分の中ではきちっと厳選しているわけだけど…。

 

今回は「模擬授業」という言葉に惹かれたのもあるし、正直なところを言えば「参加メンバー」にも惹かれた訳だ。

 

 

 

 

 

ç»å

 

 

 

①みはるさん

 

初めて会ったのが2018年3月だったと思う。

 

彼の熱意が好き。

 

熱意さえあれば(物理的な)距離なんて関係ないんだなと思わされた。

 

柔らかい雰囲気も自分が持っていないものだからだろうか、なんだか安心する。

 

およそ半年以上ぶりの再会。

 

みはるさんに誘われていなかったら、そもそもこの会に参加することもなかった。

 

本当に感謝

 

 

 

②kotaさん

 

個人的には「完璧な人」ってイメージ。

 

この日までにも何度かお会いしたことはあったけど、今回ほどにじっくりとお話しできたことはなかったので嬉しかった。

 

そして話を聞いていると、自分の抱いていたイメージとは(非常にいい意味で)違っていて、個人的には超親近感

 

授業の方も「さすがです…」といった感じです。

 

私の模擬授業に対しても代案を示してくれたり、ともはるさんの教材について一緒に考えられたことが最幸でした。

 

koutaさんが進んでいる“道"にも大変興味あり。

 

また何かの折にはご一緒させていただきたいです。

 

 

 

③ともはるさん

 

合宿以来の再会。

 

個人的なお付き合い(?)もさせていただくほど、趣味(!?)が合う。笑

 

今回、授業を見させていただいて改めて感じたのは、彼の膨大な知識

 

しかも、単なる“知識”ではなくて“実践知”のようなもの。

 

一つ一つの行動には、きちっとした教育的な意図が存在している。

 

授業については、これまでも何度か話したことはあったけど、「(模擬)授業」を見たのは初めてだったので、刺激的でした。

 

是非、またブ●ックなお話をしましょう。笑

 

 

 

④ハピペンさん

 

もうね、感激。

 

まさか会えるとは思ってもいなかったので、本当に感激。

 

以前にも一度会ったことがあったけど、実は今回も同様だったのは…

 

じっくりと話ができない。笑

 

けれども、そんな中でもめちゃくちゃ鋭い問いをいただきました。

 

近日中にお会いできるのが、本当に楽しみ。

 

 

 

⑤Mさん

 

およそ1年ぶりの再会。

 

今回、参加されることは知っていたし、人となりも覚えていたのに…

 

まさか最後の最後に気付くとは…笑

 

大変、失礼いたしました。

 

Mさんの温かい人柄が、好き。

 

 

 

 

ここまでで改めて感じているのは…

 

 

やっぱり「人」と「人」とのつながりが大切だってこと。

 

実際に顔をあわせて話ができるっていうのが一番いい。

 

 

 

いや、むしろ、それがいい。

 

 

 

 

 

 

今回は「模擬授業」ということに惹かれて参加したわけだけど…

 

こういう“気付き”を得られたことは大きい。

 

 

 

他にも大学の同期だったというΟさん。

 

こんな出会い、ある?

 

本当にびっくり。

 

 

懇親会でお話できた方々も楽しかった。

 

 

 

 

今後、どういう風に繋がっていくかは正直なところ「未知」なんだけど、大切にしたい縁だよなぁと感じた日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで、肝心の「模擬授業」のことについては、あまり触れていないな…

 

 

詳しくは、こちらを。

(THE・他力本願)

 

 

 

teachers-job.com

 

 

soccer033640.hatenablog.com

 

 

 

 

【宝くじ5億円】あなたなら、続ける?

 

f:id:taka-ichi0504:20190804092352p:plain

 

 

 

 

 

 

 

「もしも宝くじで5億円が当たったら…」

 

 

 

 

先日、友人とそんな夢のある話をしていた。

 

 

 

 

 

 

「もしも宝くじで5億円が当たったら、今の職業を続けるか?」

 

 

 

 

 

要は、5億円を手に入れても「教師」を続けるかどうかということ。

 

 

 

結論から述べれば、「続ける」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

別に、この問いに対して「続けない」「やめる」という選択肢があったって至極自然なことだと思うし、むしろ、そういう方が多いんじゃないかなっていうのが率直な感想。

 

 

 

 

 

 

私は…

 

「お金」のために教師をしているんじゃない。

 

 

 

 

こうやって書くと、なんだか“カッコイイ”感じの印象を受けるし、さらに言えば欺瞞に満ちた言葉に取れなくもない。笑

 

 

 

 

 

 

でも、少なくとも「今」は、本気でそう思う。

 

 

自分から「授業」というものがなくなったら、それこそ“生きがい”がなくなるんだろうな。

 

 

 

 

 

 

ただ…

 

お金が5億円もあるのなら、暮らしに困ることはない。

 

 

ということで、「正規教員」は辞めるだろうな。

 

 

 

 

 

 

分掌とかそういうものに縛られず、ただただ毎日授業を通して子どもを伸ばしていきたい。

 

実践に没頭したい。

 

 

 

 

 

 

 

そんな夢のある話をしていた、というお話。

 

 

【4つの習慣】『習慣が10割』のプチ感想

 

 

 

f:id:taka-ichi0504:20190802132936p:plain

 

 

 

 

 

 

 

今、読書が止まらない。

 

 

以前に購入した「Kindlepaper」が読書熱を加速させてくれている。

 

 

 

先ほど、この本を読了。

 

 

 

『習慣が10割』

 

 

習慣が10割

習慣が10割

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾンプライム会員ということで、無料で読むことができた。

 

 

 

“無料”と聞くと、あまり期待できないかもしれないが、そんなことはない。

 

 

 

いわゆる“習慣系”の本はこれまでにもたくさん読んできたけど、今回初めて目にしたものがある。

 

 

 4つの習慣 

 

 

 

 

“一般に「習慣」と呼ばれているものは、正確には以下の4つの習慣の連続によって構成されています。”

 

 

 

 

 

①受信習慣

→どうインプットするか

 

②言語習慣

→どう言語化するか

 

③思考習慣

→どう考えるか

 

④行動習慣

→どう行動するか

 

 

 

 

“多くの人が「習慣」と呼んでいるものは、4つのうちの「行動習慣」に該当します。(中略)よって、「行動習慣」を変えるには、その前に「受信習慣」「言語習慣」「思考習慣」を変える必要があります。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、面白い。

 

ここでは詳細は省くけど…

 

なるほど、振り返れば納得のいくことだ。

 

 

 

 

もうちょっと掘り下げてみたい。

 

 

 

 

 

【忘れられない言葉】好かれることを求めるな!

f:id:taka-ichi0504:20190801163319p:plain

 

 

 

 

 

「好かれることを求めるな!」

 

「信頼される教師になれ!」

 

 

 

 

 

今から5~6年前に、当時の校長から頂いた言葉。

 

 

今でも思い出す。

 

 

自分にとって忘れられない言葉。

そして、転機となった言葉。

 

 

 

 

 

今年度に入って、この言葉が憑依したかのような感覚になっている。

 

 

「好かれることを求めるな!」

 

 

ある意味で、自分の中の「テーマ」でもある。

 

 

 

 

 

 

 

今、『嫌われる勇気』を読んでいる。

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

 

 

 

なんだこれ…

 

 

まさに“適書"だ。

 

今、まさにこのタイミングでこの本を読んでいるというのも、何かの“運命”を感じるなぁ。

 

 

 

“誰からも嫌われないためには、どうすればいいか?答えはひとつしかありません。常に他者の顔色を窺いながら、あらゆる他者に忠誠を誓うことです。”

 

 

“他者から嫌われたくないと思うこと。これは人間にとって、きわめて自然な欲望であり、衝動です。(中略)そんな生き方は欲望や衝動の奴隷でしかない。”

 

 

 

 

 

 

 

今、自分の中に形成されつつあるマインドが強固なものになっていく感じがする。

 

 

頭の中はぐるぐる回っていて、正直“整理”された状態ではないけど…

 

この夏を経て、一皮剥けそうな予感。