読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「子どもが伸びる102の授業術」その7を読んだ。

こちらの本を読み、学びをアウトプット。

 

子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ)

子どもが伸びる102の授業術 (東書TMシリーズ)

 

 

『導入で「はてな、おかしいな」と思わせれば子どもは熱中する』

 

 これは、よく分かる。

 

私は教育実習のときに、このようなことを指導教官に教わった。

 

子どもたちの持っている概念をぶち壊すことから授業は始まる…

 

そのようなことをおっしゃっていた気がする。

 

それ以来、この考え方は大切にしている。

 

私の恩師である、中学校の理科の先生もこのような授業を行っていた。

(今は小学校の先生をされている)

 

一見、当たり前に思えることを、全然違った観点から切り込む。

 

「あれっ…?」と思えば、「なんでだろう?」という疑問が浮かび、興味が湧く。

 

いかに子どもたちを惹きつけるか。

 

やはり、授業の導入というものは大切なのだ。