読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

教室に入るまでが最初の勝負。

朝、8:00に子どもたちは登校してくる。

 

最近の私は、子どもたちが教室に入ってからしばらくして、教室に向かう。

 

それまでは、教室に一番乗りして子どもたちを迎えていたが…

 

今は、あえてそうはしていない。

 

まぁ、そのあたりの話は、置いておいて…

 

私の勤務校は、職員室が1階にある。

 

そして、私の受け持つ学級は3階にある。

 

今日は、この職員室を出てから、教室に入るまでの話をする。笑

 

 

 

 

 

ご存知の通り、私はいち人間である。

 

調子のよいときもあれば、悪いときもある。

 

気分が乗らないときだってある。

 

なんだか元気が出なかったり、具合が悪かったりするときもある。

 

しかし、

 

子どもたちの前では、そういう姿は見せていられないのだ。

 

そこはプロである。

 

どんなに調子が悪かろうと、笑顔で過ごす。

 

だが…

 

職員室では、違う。

 

決して「体調悪いんですアピール」といったことはしないが、

 

笑顔を振りまくこともしない。(私の場合)

 

黙々と過ごす。

 

これは、調子のよいときも同様である。

 

では、どこで切り替えるのか。

 

それは、教室へ向かう間である。

 

これは、結構ルーティンとなっている。

 

 

 

 

まず、職員室を出る。

 

すぐに階段に差し掛かる。

 

このあたりで「今日も頑張るぞ!」と気合を入れ始める。

 

2階まで上ったあたりで、学年の違う子どもに会うことがある。

 

元気よく「おはようございます」と声をかける。

 

いい発声練習になる。笑

 

もうすぐ3階になるというところで、グッと口角に力を入れて、

 

笑顔になる。

 

笑顔になると、自然と気持ちが上がってくる。

 

3階では、教室に向かうまでの廊下で、子どもに会うこともある。

 

「おはようございます!!」

 

と気合の入った挨拶をする。

 

そして、教室の後方から入室と同時に、

 

「おはようございます!!」

 

と超気合の入った挨拶をする。

 

子どもたちからも、一斉に

 

「おはようございます!!!!!」

 

とかなり気合の入った挨拶が返ってくる。

 

ここまでくれば、もう完全にスイッチは切り替わっている。

 

数分前までの自分は、もうここにはいない。

 

この状態で、子どもたちが下校するまで過ごす。

 

 

 

 

 

これまで何度と「職員室と教室での先生の姿は、まるっきり別人だ」と同僚や管理職から言われてきた。

 

どちらが本当の自分か…と考えてみたが、

 

教室での姿の方が、ありのままの自分でいられることが多い。

 

職員室でも、同様に振る舞えばいいではないか…と思われるかもしれないが、

 

それが出来たら、苦労はない。笑

 

 

 

 

以上が、教室に入るまでに気持ちを高めていくルーティンについてである。

 

今は、中学年の担任をしているが、

 

これが高学年になると、さらに気合が必要になる。

 

その話も、また機会があれば…。