読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「キャラ」を作ってみる。

先日、息子・娘の夜のお世話(お風呂や寝かしつけ)を完全に妻に任せて、少し遅くまで職場に残って仕事をしていた。

 

遅くまで、と言っても19時半頃である。

 

しかし、その時間に職場にいるだけで、同僚から思わぬリアクションがある。

 

「今日は、遅いんですね」

 

「え、まだいたんですか?」

 

「今日は、珍しい人が(こんな時間まで)残っている」

 

なんとも面白い話である。

 

以前の職場では、こんな反応はありえなかった。

 

むしろ、19時前に帰宅しようとすれば「今日は早いね」と言われていた。

 

最近の私は、早くて17時台には職場を出ている。

 

どんなに遅くとも18時半までには職場を出る。

 

どうやらいつの間にか「早く帰る人」という「キャラ」が確立していたのだ。

 

その分、朝出勤するのは早いのだが…。

 

 

 

私は、子どもたちの前でもあえて「キャラ」を作っている。

 

「キャラ」を作るからと言って、決して偽の自分を演じているわけではない。

 

ちょっと強調しているだけだ。

 

私は、ラグビーが好きである。

 

私は、納豆が好きである。

 

これは事実だ。

 

子どもたちに「私はどんな人?」と尋ねたら、必ず上記の2つは返ってくるだろう。

 

これが結構いろんなところで活躍する。

 

例えば、時々、私にメッセージカードをくれる子どもがいる。

 

そこには、決まってラグビーボールが描かれている。

 

女の子と(あまりしないが)料理の話題になると、納豆ネタを振ってくる子が必ずいる。

 

私の「キャラ」が浸透しているのだ。

 

単に好きなこと、それをちょっと強調して言うだけで、子どもたちの印象に深く残る。

 

コミュニケーションツールの1つなる。

 

 

 

以前、同僚だった先輩で、非常に声が大きい先生がいた。

 

自他共に認める声の大きさ。

 

なんと「授業中の声が校長室まで響いて、うるさい」と管理職から叱られた(?)こともあるという伝説も聞いている。笑

 

その先生は、自分でも「声が大きい」ということを公言している。

 

「声が大きい」という「キャラ」が確立していたのだ。

 

いろんなところで「声が大きい」ことをネタにされていた。

 

素敵な話だ。

 

私の尊敬する大好きな先輩の一人である。

 

 

 

人にはそれぞれの「キャラ」がある。

 

気づかぬうちに確立されているものもあれば、意識的に「キャラ」を作ることもいいと思う。

 

さて、我が息子は現在2歳。

 

2歳の息子から見える私は、どんな「キャラ」なのだろうか。

 

とっても気になるところである。