読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

姿勢をよくする3つの合言葉。

授業中、子どもたちの「姿勢」が気になるときがあります。

 

そんなとき、「姿勢をよくしなさい」と言うこともあることでしょう。

(私もたまに言います)

 

しかし、この「よくしなさい」とは、具体的にどうすることなのか?

 

もしかしたら、子どもたちにとっては、1人1人で解釈の違いがあるかもしれません。

 

そこで私は、子どもたちの「姿勢」が気になるとき(特に学期初めの頃)には合言葉を言うようにしています。

 

 

「背筋ピッ」

背筋をピッと伸ばす。

そのままですが、指示は短い方が伝わりやすく、反応もいいです。

慣れてくれば、「ピッ」だけで通じます。

 

 

「ピンピタグー」

「ピン」は、背筋をピンと伸ばすこと。

「ピタ」は 、足を床にピタッとくっつけること。足をぶらぶらしているときもありますからね。

「グー」は、机とお腹を握りこぶし1個分(グー)空けること。

これらを最初に教えます。

そのあとは、「ピンピタグー」の合言葉で指示できます。

こちらも慣れてくれば、例えば、足の位置が気になるときには「ピタ」と分割した指示だけでも通じます。

 

 

「チョコペタピン」

「チョコ」は、椅子にちょこっと腰掛けること。たまにぐで〜っともたれかかっていることがありますからね。

「ペタ」は、 足を床にペタっとくっつけること。

「ピン」は、背筋をピンと伸ばすこと。

先ほどの「ピンピタグー」と似ています。

「ピンピタグー」か「チョコペタピン」は、どちらかの指示に徹底した方がいいと思います。

 

 

これらの合言葉を教えるときに、「なぜ姿勢はよくしないといけないのか」という、そもそもの理由を一緒に考えたり、説明したりします。

「先生がそう言うから…」では、ただただやらされているだけです。

「姿勢をよくする」ことの価値を伝えていくことも大切です。