最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

記録をとるということ。

新学期が始まって、6日目の登校日が過ぎた…

 

今日は金曜日だけど…

 

明日も仕事。

 

土曜公開だ。

 

 

 

今学期から、子どもの記録をつけている。

 

いや、以前からつけてはいたけど、今学期からはより“きちんとした形”で行っている。

 

その中に「子どもとの会話記録」「子どものいいところ記録」がある。

 

その日、クラス一人一人の子と“どんな会話をしたか”を振り返る。

 

その日、クラス一人一人の子は“どんな良さがあったか”を振り返る。

 

それを一人一人記録していく。

 

毎日、放課後に10〜15分くらいの時間で行っている。

 

 

 

これをやることで、いろんな価値(メリット)を感じている。

 

その中でも一つ…

 

「1日の中で、“その子”を思い起こす機会ができる」ということ。

 

自分の場合は、最低でも2回、思い起こすことになる。

 

その結果、どんな会話をしたか、どんな良さがあったか、思い出せないこともある。

 

けれども、たしかにその瞬間は、“その子”のことを考えているのだ。

 

子ども一人一人との物語を作る…

 

今年度、特に意識をしていること。

 

 

 

最近では、思い起こすことが少し容易になってきたかもしれない。

 

いや、「記録をとる」ということが潜在化されていて、(無)意識的に会話を積極的にしているのかもしれない。

 

どちらにせよ、それもいいことだ。

 

さて、明日も頑張ろう。