最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

私が子どもの頃に信じていた話。

私が子どもの頃、

 

「コウモリ」は存在しない生き物だと信じていた。

 

コウモリと言えば、なんとなく悪魔とかドラキュラとかのイメージ。

 

この世には存在はしないものだと思っていた。

 

いや、もう少し詳しく言えば、「ネッシー」と同じ扱い。

 

「もしかしたら、地球上のどこかにいるのかもしれない…」という期待感があった 。

 

未確認生物のようなものだと信じていた。

 

そういう話は、子どもながらにワクワクする。

 

ある日、友人が「最近夕方にコウモリを見た」という話をしていた。

 

当時の私は「ついにきたか!!」とドキドキが止まらなかった。

 

その日の夕方、外に出て、必死にコウモリを探した。

 

存在するはずがない、そんなことは分かっていた。

 

けど、もしかしたら…そんな期待を膨らましていた。

 

それっぽい鳥が飛んでいたら、「アレじゃないかっ!?」と双眼鏡で覗いていた。

 

しかし、やはり見つからなかった。

 

友人は、きっと見間違えていたのだ。

 

けど、その日は特別なワクワク感に包まれていた。

 

なんだかとっても幸せな気分だった。

 

 

 

それから月日が経ち…いつだったろうか。

 

テレビで、洞窟から大量のコウモリが飛んでいる光景を見てしまった。

 

あの時のショックは忘れない。

 

サンタさんを信じていた子どもが、その正体を知った時と同等、いやそれ以上のショックである。

 

 

 

今日、息子と二人で動物園に行った。

 

そこには「コウモリ」がいた。

 

今の子どもたちは、こんなに間近で「コウモリ」を見ることができるんだな。

 

けど、それとは引き換えに、あのワクワク感を抱くこともないのであろう。

 

 

〜続く〜