読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「すすんで行動する」ということのレベル感を考えてみた。

今朝は5時から、近くのガストへ行ってモーニングを満喫してきました。

 

トーストと、ゆで卵と、ドリンクバーがついて、322円(税込)!

 

それに、温かいスープも飲み放題ですよ!

 

お得ですよね〜。

 

8時頃まで滞在していたので、ドリンクも4〜5杯お代わりできました。

 

このガストは、よくモーニングで利用するのですが、月1くらいのペースで行っています。

 

目的は、友人と会うためです。

(朝早いなー。笑)

 

同業であり、大学からの友人なので、何でも気兼ねなく話せます。

 

今日も「教育」について、朝から熱く語ってきました。

 

この時間が最高に楽しい!

 

ということで、今日話した話題のうち、1つを共有させてください。

 

 

自主的?主体的?

「どういう子どもたちに育って欲しいか」という話題から、「自主性がある」とか「主体性がある」とかそういう話になったのですが…

 

そもそも、「自主」と「主体」って、なにか意味が違うの?

 

ということが気になりました。

 

私たちは、普段からよく「自主的な子ども」とか「主体的な行動」とか、特に意識もせずに使いがちなのですが、どうやら詳しく見ていくと、意味ははっきりと違うそうで。

 

友人が、とあるサイトから意味の違いを教えてくれました。

 

あなたは答えられる? 「自主性」 と 「主体性」の違い。 - NAVER まとめ

 

こちらはまとめサイトでしたので、元のサイトにはさらに詳しく説明がされていました。

 

主体性と自主性の違い|習慣化コンサルタントの「続ける習慣」ブログ

 

なんと、古川武士氏のブログだったのですね。

 

古川氏の著書を読んだことがあったので、なんだか嬉しかったです。

 

(今回の話とは関係ありませんが)この本は、とても良かったです…。

 

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 

 

ということで、上記のリンク先の記事を見ていただければ、「主体」と「自主」の違いを私がここであえて説明するまでもないことなのですが…。

 

大事なところだけ引用させてもらうと、

 

「自主性」とは単純に「やるべきこと」は明確で、

その行動を率先して人に言われないで自らやることです。

 

「主体性」は、何をやるかは決まっていない状況で自分で考えて、

判断し行動することです。

 

ということでした。

 

つまり、「自主」の先に「主体」があるというイメージなのですね。

 

 

主体的って、どんな姿?

ということで、目指す子どもたちの理想の姿としては、「主体的な子ども」なんですよ。

 

じゃあ、どうやったら「主体的な子ども」に育つの?という話で盛り上がりましたが、ここでは割愛…。

 

けど、手段はいろいろあるよなぁ、というところで納得。

 

「習慣化している」=「主体的」と捉えてもいいのか?という話にもなりました。

 

このあたりで、私も友人も頭が飽和状態になり、思考がストップ。笑

 

ちょっと、このあたりは今後じっくりと考えてみたいなぁと思いました。

 

 

自主練ってよく言うけど…

私も友人も、大学時代にラグビーをやっていました。

 

その当時は練習がない日に「自主練」している自分たちに満足して、うっとりもしていましたが…。

 

あれは「自主練」だったのか、それとも「主体練」だったのかという話題にもなりました。

 

まぁ、ここまでくるとどうでもいい話なのですが。

 

 

 

「自主」と「主体」、似ているようで、実はそれぞれに別の意味合いがあったんですね。

 

とても勉強になりました。

 

ちなみに、この日はモーニング代の一部を友人が主体的に奢ってくれたので、私も自主的にその言葉に甘えました。

 

今度は、私がご馳走します。

 

自主的に…。