最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「どうしたらそんなに大きくなれるの?」「それはね…」というお話。

いきなりですが、私、結構身長が高い方なんです。

 

私より明らかに背が高いなぁと思う人と(街ですれ違うのも含めて)出会うのは、半年に1人いるかどうかってくらい、結構大きい方なんです。

 

そのため「どうしたらそんなに大きくなれるんですか?」なんて聞かれることも多いです。

 

その問いに、これまではっきりとした答えを持っていませんでした。

 

自分でも明確な理由なんて分からないし、そんなに深く考えたこともなかったので。

 

過去には、「水をよくがぶ飲みしてましたねぇ」なんて答えたこともありました。

 

もし、それを聞いて今日まで「がぶ飲み」している方がいたら、なんだかごめんなさい。

 

決して嘘をついたわけではありませんが、真剣に答えたわけでもありませんでした。

 

そこで今回、ちょっとばかりこれまでの自分を振り返って、どうして背が高いのかを自分なりに分析してみました。

 

結果からお伝えします。

 

子どもの頃から、ヨーグルト納豆が大好きでした。

 

今でも、大好きです。

 

毎日のように食べていたと思います。

 

これが背が高くなった秘訣かどうかは、正直怪しいところですが、1%くらいは影響しているんじゃないかなと思っています。

 

そういえば高校生の頃、ラグビーのために立派な体づくりを目指していました。

(当時、ラグビー部でした)

 

先輩が「晩御飯に、牛乳納豆を食べるといい」なんてことを言っていたので、1年間くらい毎晩、牛乳と納豆をとっていました。

 

さらに「腹が膨れてから、キムチがあるとさらにご飯をもう1杯いけるぞ」と言っていたので、母親にキムチは毎晩欠かさないようにお願いしていました。

 

すると、昼の弁当にもキムチ入りのおにぎりを作ってくれ始めました。

 

おにぎりが真ん中までいくと、キムチが溢れ出てきて、とても食べにくかったことを思い出します。

 

完璧な余談です。

 

以上、私の過去を振り返って、自分なりに分析した結果をまとめてみました。

 

そういえば、今日でちょうどブログを書き始めて1ヶ月が経ちます。

 

1つの区切りであり、私にとっては1ヶ月欠かさず続けられた記念の日でもあります。

 

そんな日に、こんなくだらないことを書いてすみません。

 

これからも頑張っていきます。