読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

歯医者さんから聞いた、4つのちょっと素敵なお話。

 

先日、歯医者に行った時の話を記事にしました。

 

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

後日、息子を再び歯医者に連れて行った際、改めて大切なお話を聞くことができたので、簡単にまとめてみます。

 

前回の話と重複しているものもありますが。

 

(記憶の限り)歯医者さんに言われた言葉通りに書きますね。

 

 

「足ぶらぶらはダメですよ!」

前回も言われました。

 

食事中は、きちんと足が地面などに接地できるように。

 

そうでないと踏ん張りがきかないのですね。

 

すると、姿勢が崩れる→噛む位置が偏る→結果として歯のバランスが悪くなる。

 

こんな悪循環に見舞われます。

 

 足ぶらぶらは、ダメ!

 

 

「主食はご飯(白米)!」

なるほど!

 

主食はパンではなく、ご飯がいいんですね。

 

さて、これは…なぜだ?笑

 

その根拠をしっかり聞いていなかった。

 

日本人だから?(単純)

 

まぁ、なんとなく「そうだよな!主食は白米に決まっているよな!」と納得することもできますが。

 

よーく考えたら、きっと次のことに関係しているのでは?と思いました。

 

  

「3歳までは砂糖禁止!」

これでしょう。

 

パン(菓子パン)なんかには、砂糖がふんだんに使われていますから。

 

砂糖禁止!

 

いいですね。

 

これくらいきっぱり言ってくれる方が、(個人的に)私は好きです。

 

砂糖禁止!の理由については、その時はきちんと説明してくれました。

 

けど…振り返ってみて、今となっては、はっきり覚えていない。

 

「砂糖禁止!」の言葉があまりにも印象的だったので。

 

それと、「飲み物は水かお茶!」って言われました。

 

「牛乳もありだけど、お腹にたまっちゃうからね」とも言われました。

 

いいですねぇ。

 

何度も言いますが、私はこれくらいはっきりと言ってくれる方がいいです。

 

「0か100か」それくらい極端な方が大好きなのです。

 

 

「お父さんそっくりですね!」

この言葉が今回、一番大切な言葉でした。

 

言われて、とっても幸せな気持ちになりました。

  

もはや、「歯」に関することではありません。

 

けど、ここからも学びはあります。

 

そっくりということは、例えば、顎の大きさや形も似ているということ。

 

どうやら息子は私に似て、やや顎が小さいらしい。

 

すると、将来的に歯並びに影響が出るかもしれないということ。

 

なるほど。

 

私も、そんなに歯並びがいい方ではないので。

 

「矯正」とかも視野に入れるべきなのか?

 

いろいろと考えるいい機会になりました。

 

 

まとめ

「素敵なお話」というタイトルに見合っていたかは、正直微妙です。

 

きっとお医者さんによっては、色んな考え方があると思います。

 

どの考え方がいいのか、最終的に決めるのは私たちですから。

 

ただ、やっぱり私は「〜はダメ!」「〜が絶対いい!」くらいはっきり断言してくれる方が好きです。

 

実際に、そうするかは別ですが。

 

 以上、歯医者さんから聞いたお話でした。