最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

早朝出勤。

今週になって、だいぶ生活リズムを取り戻してきた。

 

毎朝5時前には起きる。

 

実際は、4時半前後に目は覚ましていることが多かったが、子供がふにゃふにゃとしていて、ここで起きてしまってはいけないと思った。(一緒に起きてきてしまう)

 

そして、朝の準備を終えたらそのまま出勤。

 

5時半頃に家を出て、6時前には職場に到着。

 

外はまだ暗く、気温もかなり冷えこんでいる。

 

が、これがいい。

 

こういう環境だと、逆に「起きたくない、もっと寝ていたい」状態に陥る可能性もある。

 

が、それさえ乗り越えてしまえば、かえってよい効果があると思うのだ。

 

それは…

 

「こんな暗くて寒いのに…まだ多くの家は電気も点いていないのに…こんな早朝から頑張っている自分、素敵」

 

と変なモチベーションが上がる。

 

暗い中での出勤が、ちょっとした癖になる。

 

いつもと同じ道だが、いつもとは違う風景。

 

交通量も少ないので、自転車通勤の私にとっては快適である。

 

そして職場へ。

 

もちろん一番乗りである。

 

静かな環境で仕事をする。

 

単純計算だが、子供達が登校してくるのが8時。

 

6時に職場に着けば、2時間も仕事ができる。

 

これは勤務時間の終わりから考えれば、17時から19時までやっているということだ。

 

けれども、朝の方が効率がいいので、夕方の具合とは違う。

 

きっと17時から20時くらいの3時間分に相当していると言っても過言ではないだろう。

 

そして…

 

一番手に出勤したのだから、一番手に退勤する。笑

 

17時過ぎには職場を出る。

 

17時半頃には帰宅。

 

息子、娘と触れ合う時間も確保できる。

 

このリズムで今週は過ごしている。

 

なかなかいい。

 

2学期もあと2週間。

 

それまではこのペースを保ちたいところだ。

 

 

 

 

ここからは余談だが…

 

17時に一番手に退勤するというのは、ちょっとばかり気が引ける時がある。

 

「遅くまで残業をしている=とても頑張っている、働いている」

 

というイメージは、学校だけでなく、多くの企業にもあるのではないだろうか。

 

決して、全てがその限りではないと思っている。

 

だが…

 

遅くまで仕事をしている人は、一定の評価をもらえることがあるが

 

早くから仕事をしている人というのは、

 

そもそも「早く来ている」という事実がほとんどの人に周知されていないので、

 

「なんだか毎日早く帰る人」という印象しかないようだ。

 

これが、今の私の実情だ。

 

別にいいんだけどね、周りにどう思われようと。笑