最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

失敗に対しての考え。

「失敗を恐れていては何もできない」

 

「失敗してもいい、そこから学ぶことがある」

 

「失敗は成功のもと」

 

「間違いがあるから、成長できる」

 

「教室は間違うところだ」

 

 

 

こんなことを子どもたちに話すことがある。

 

何事にもチャレンジして欲しいのだ。

 

子どものうちから消極的になってほしくない。

 

いろんなことにチャレンジしてほしい。

 

だからこそ、失敗することを恐れないでほしい。

 

 

 

 

 

ふと、自分ごとで振り返ってみる。

 

自分は…

 

どちらかと言えば、失敗を恐れるタイプだ。

 

そのため、時に消極的な気持ちになることもある。

 

ただ…

 

失敗をしないために、

 

失敗の可能性を少しでも減らすために、

 

事前にとことん練習する。

 

とことん突き詰める。

 

とことん、やる。

 

そして、本番を迎える。

 

そういうタイプの人間なのだ。

 

 

 

失敗することがこわい。

 

だからこそ、

 

失敗しないために、とことん努力する。

 

 

 

こういう考えも、ありなのかな。