読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「自問清掃」の可能性について調べるために、本を読んでみた。

読書

「自問清掃」って、何?

 

そう思われた方も多いのでは?

 

私も、最初はそうでした。

 

そこで、読んでみました。

 

子どもが輝く「魔法の掃除」―「自問清掃」のヒミツ

子どもが輝く「魔法の掃除」―「自問清掃」のヒミツ

 

 

とある勉強会で紹介された本。

 

そこで初めて聞きました、「自問清掃」という言葉。

 

読んでみて…いろんな意味でショックを受けました。

 

この「自問清掃」の手法が、今までの私の教育観を大きく揺さぶったのです。

 

極端に言いますとね、今まで私がしてきたことと、ほぼ真逆の教育。 

 

しかし、目指す子どもたちの姿は、私の理想とするところ。

 

ショックですよね。

 

その理想状態にたどり着くには、これしかないのか、と。

 

もちろん、いろんな手法があると思うんです。

 

その1つが「自問清掃」だと思います。

 

可能性は十分に秘めている。

 

ただ、これを始めるとするならば、まずは自分が大きく変わらなければならないなと思いました。

 

「自問清掃」についての手法や良さなどについては、また後日まとめてみます。

 

とりあえず、今日は読んだ感想を述べさせてもらいました。

 

 

 

さて、今日から息子と二人で帰郷します。

(娘はまだ2ヶ月なので、妻とお留守番です)

 

父親パワー全開でいかなければ。

 

では、行ってきます。