最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【戦闘服】教員は何を着る?

先日、琵琶奏者による体験会が行われた。
 
その方のお話や琵琶の演奏も大変素晴らしかったのだが…
 
私が、こっそり気にかけていたのは、その方の“立ち振る舞い”だ。
 
なんというか…
 
ピシッとしているのである。
 
格好いい。
 
「あぁ、プロだな」と思った。
 
仕草ひとつ取っても、落ち着きがある。
 
堂々としている。
 
だからこその「ギャップ」も生まれるのだろう。
 
帰りがけに、私服姿をお見かけした。
 
一瞬、誰だか分からなかった。
 
それくらい、雰囲気が変わる。
 
“戦闘服”ではないが…
 
「何を着るか」ってすごく大切な気がした。
 
 
 
さて、教員はどうだろう。
 
多くは“ジャージ姿”だろう。
 
しかし、研究授業時になると急に“スーツ姿”になる。
 
もう、これは定番の「先生あるある」だろうな。
 
ジャージの着こなし方にもよるんだろうけど…
 
基本的には、ダサい。
 
もちろん、人のことは言えない。
 
自分自身のことだ。
 
ダサい。
 
特に夏場。
 
Tシャツに半パン。
 
これで授業をする。
 
体育ならまだしも…
 
国語も算数もこの格好。
 
でもね、みんなこの格好に慣れているんだ。
 
子どもも大人も。
 
だからある意味では「違和感」なんてないんだろうけどね。
 
でも、“戦闘服”にしては格好悪いなぁと個人的には思う。
 
プロなんだから。
 
 
 
管理職って、常にスーツ姿だ。
 
だからこそ、たまに見るジャージ姿に、若干の違和感を覚える。
 
教員は逆で、常にジャージ姿。
 
だからこそ、たまに着るスーツ姿に、クラスの子どもたちからツッコミが入る。
 
 
 
うーん…
 
なんだかなぁ。
 
ちなみに、私は最近は、ほぼ“私服”のまま過ごしている。
 
体育の時にジャージに着替える。
 
色々と思うところがあって…
 
けど、やっぱりスーツが似合う男になりたいものだ。