最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

MENU

【指示】シンプルを追求する

一時に一事。

 

 

 

これは、よく言われる大事なことです。

 

 

 

特に「指示」をするときには、意識したいところ。

 

 

 

 

 

「国語の教科書を出して23ページを開いたら立って音読をします。そのときに椅子も入れて教科書を手で持ちましょう。あ、前の時間の社会の教科書が出ている人は、先にしまいます。まだノートは開かなくてもいいので、教科書を読みますよ。準備はいいですか?」

 

 

 

 


こんな指示は、おそらくないと思いますが。笑

 

 

 

 

これでは、混乱するのです。

 

 

 

 

 

大人でも処理できません。笑

 

 

 

 

 

 

「社会の教科書をしまいます」

 

「国語の教科書を出します」

 

「23ページを開けます」

 

「開けたら、立ちます」

 

「読みます、さんはい」

 

 

 

 

 

 


シンプルに分けると、こうなります。

 

これだけでも、だいぶ違うのです。

 

 

 

 

 

 

ただ、慣れてくると(?)これでも指示が多いと感じます。

 

 

 

 

だったら、指示に指示を含ませてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 

「国語の23ページを読みます」

 

 

 


多くが23ページを開いたら、

 

 

 

 

「立ちます、さんはい」

 

 

 

 

 

 


これで読めます。

 

 

おそらく、この指示でも大半は通じるはずです。

 

 

 

 

 

言葉を削る。

指示は明確に、かつシンプルに。

 

 

 

 

 


普段の授業から心がけていくと、変わっていきます。