最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【善意が裏目に】僕は先生に無視された!

 

 

ちょっとだけ“子どもの立場”で考えてみる。

 

 

この視点は、ものすごく大切だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

例えば…

 

 

私は、朝は基本的には教室で子どもたちの登校を迎えていますが、

 

 

時に、全員が揃った後に教室に入ることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

その時は、あえて教室後方のドアから入ります。

 

 

 

私の机が、教室の前方にあるので、そこまでに多くの子どもたちの“間”を通りながら進むのです。

 

 

 

 

 

 

そこで、朝一番のコミュニケーションをとる。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、クラスには40人近くの子どもがいます。

 

 

この「教室後方のドア」から「教室前方の机」まで歩く間に

 

 

 

 

 

 

クラス全員の子とコミュニケーションをしているか

 

 

 

 

 

 

と問われたら、私は出来ていないことがほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時の“子どもの立場”になって考えてみたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

先生は、隣の子には話しかけたけど…

 

僕はスルーされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう思いを抱く子って、もしかしたらいるんじゃないかなと。

 

 

 

 

 

 

もちろん、先生(私)は悪気があってそういうことをしているのではありません

 

 

 

むしろ、子どもたちとコミュニケーションをとれるから、「よいこと」だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、その一方で、朝一番から「残念」な思いを抱いている子がいたとしたら…

 

 

 

 

 

悲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、さすがに考えすぎ!

 

 

 

と思われるかもしれませんが、考えすぎでいいと私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

極端な例かもしれませんが…

 

 

 

子どもの気持ちをとことん考えることって、時に大切だなって思うのです。