最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【発言への道】チャンスの神様、何度も到来

 

 

うちのクラスの子、全然発言しないんです!!

 

 

 

 

 

 

 

こういう悩みを聞きます。

 

 

 

 

 

では、

 

 

 

 

 

 

「発言する機会」を1日の中でどれだけ確保していますか?

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

 

 

 

「発言するチャンス」を子どもたちにどれくらい与えていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時は「発言したい…でも、恥ずかしい」などの理由でチャンスを逃していた子もいるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンスを多く作る。

 

 

 

 

 

 

そういうことも必要だと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに昨日、うちのクラスでの「発言機会」は…

 

 

 

 

 

 

 1:校長講話の話を聞いての感想

 2:国語の物語教材(1文)を読んでの気づき

 3:国語の物語教材での教師の発問に対して

 4:国語のノートまとめを交流した感想

 5:社会の資料を見ての気づき

 6:歴史学習を振り返っての感想

 7:算数の1つ目の資料を見て分かること

 8:算数の2つ目の資料を見て分かること

 9:算数の3つ目の資料を見て分かること

10:算数の3つの資料を見て考えたこと

11:理科の映像を見ての感想

12:理科の教科書を読んでの学び

13:最近の掃除について考えたこと

14:「キレイにする」ということについて

15:掃除中、意識していたことについて

 

 

 

 

 

 

ザッと15回

 

 

 

 

午後は専科授業だったので、発言機会は設けられませんでしたが、これくらいの機会がありました。

 

 

 

 

もちろん、ここで「全員」が必ずしも発言しているわけではありません。

 

 

 

 

 

 

ただ、「全員」が、どこかでは発言をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機会(チャンス)を保証する

 

 

 

 

 

 

 

1つの大事な手立てだと思います。