最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【健康】呼吸法を変えてみる

 
昨日は、家族でアンパンマンミュージアムに行く予定だった。
が、何だか朝から体の調子が優れない。
と思ったら、急な頭痛に襲われる。
結局、日中8時間ほど眠っていた。
 
 
 
 
夜も20時半頃に就寝。
人間、寝ようと思えばこんくらい眠れるものなんだな。
 
 
 
 
 
 
 
体が疲れているのかなぁ。
「夏休み」とは言え、意識的にゆっくり休むということはしていない。
なんだかんだで活動している。
 
 
休むには、ちょうどいい機会だったのかも…
と自分に言い聞かせている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな自分には、この本がオススメだ。
 
 
 
 
 
 
 

 

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード式 疲れない体

 

 

 
 
 
 
 
スタンフォード式 疲れない体』
 
 
 
 
 
 
実は、昨年スタンフォード式 最高の睡眠』を読んで、感銘を受けた。
 
 
「同じスタンフォード式なら...!!」と思い、購入。
これがよかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
改めてチェックを入れたところを再読。
 
 
 
 
 
 
 
ズバリ言おう。
 
大事なのは、姿勢だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、この姿勢をよくするためには
 
 
 
 
 
 
 
呼吸を意識すること!
 
 
 
 
著書の中で「IAP呼吸法」と言われているものだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
IAP呼吸法とは、何ぞや?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一言でいえば、腹圧を高める呼吸法。
息を吸うときも吐くときも、お腹の中の圧力を高めてお腹周りを固くする呼吸法だ。
 
 
 
 
腹圧が高まることで、体の軸が安定して無理のない姿勢を保つことができるという。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、この間、整骨院の先生も全く同じことを言っていたな。
腹圧が高まることで、良い姿勢が維持されると。
 
 
 
 
 
 
 
 
呼吸からアプローチするのは、理にかなっていると思う。
だって、人間は1日に何万回と呼吸をしているから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この呼吸が変われば、体に与える影響はデカいに違いない。
そういう今も、IAP呼吸法をしながら文字を打っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呼吸法の他にも、食事や日常の動作からアプローチして「疲れない体」にするための方法が書かれている。
結構オススメ。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード式 疲れない体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもよかった👇

 

 

 

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

 

 

 

 

 

 
 
 
ブログも書いてた👇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、食事でいえば、「急な血糖値の乱高下は、疲労感の元となる」って書いてあって...
 
 
 
 
 
 
 
大好物の「とあるチキン」“摂食回数”も見直さなければなと思い始めている。
 
 
 
 
精神的には、食べることで安定するんだけど
結果、体への影響を考えたら…
 
 
 
 
 
 
 
 
9月からは、行事、行事、行事で超多忙な生活となる。
もう、どんくらい多忙かっていうのが目に見えている。
 
 
 
だからこそ、健康体であり続ける必要がある。
これ、一番大事。
フツーに生活できるのが当たり前だと思っているけど
 
それは健康であってこそ。
 
 
 
 
 
 
 
大事にしましょう、自分の体。