最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【読み聞かせ】あえて“意識”しないと見失ってしまうコミュニケーション

今朝は2時起き。
 
昨夜は、入浴後に読書をする予定だったが…
 
息子がなかなか寝付かなかったので、読み聞かせをして、そのまま睡眠。
 
21時台には寝ただろうか。
 
 
 
読み聞かせって、いいね。
 
親子のつながりを感じる。
 
特に、就寝前の読み聞かせ。
 
心がホッとする。
 
正直に言えば、こちらも“眠たい”ので、そのまま目を閉じたい気持ちもある。
 
でもね…
 
こういう“時間”こそ限られているし、今しかできない。
 
仕事上の学び、教師としての成長ももちろん大切であり、自分はそこへの意識も十分にあるんだけど…
 
こうやって息子や娘と過ごす時間はもっと大切だと思うんだ。
 
けれども、そこへの時間が十分に取れていない現実。
 
「緊急じゃないけど…超重要なこと
 
ここを一番に考えたいね。
 
 
 
 
昨夜は、この2冊を読んだ。
 
三びきのこぶた (世界名作アニメ絵本 (5))

三びきのこぶた (世界名作アニメ絵本 (5))

  • 作者: ジョセフ・ジェイコブス,福島宏之,Joseph Jacobs,照沼まりえ,大坂竹志
  • 出版社/メーカー: 永岡書店
  • 発売日: 2002/01/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ちからたろう (世界名作ファンタジー60)

ちからたろう (世界名作ファンタジー60)

 

 

普通に文字を追って読むのではなく、途中途中で
 
「このあと、どうなるんだろう…?」
 
「鬼だ、どうする?」
 
なんて、コミュニケーションを取りながら読み進めた。
 
こちらの言葉をきちんと理解し、また言葉を返してくれる息子。
 
ずいぶんと成長したもんだな。
 
“冬休み”だからって訳じゃなく、通常の仕事が始まってもこういう時間は大切にしたいけど…
 
休みの“今”だからこそ、ゆとりを持って接することができるはず。
 
そこを見失わないようにしよう。