最笑はGOOD!〜全力で前に突き進む〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたことを気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

【一元化】手帳はやめて、ノートに統一

そろそろ来年の手帳を検討する時期になってきた。

 

今年は、ほぼ日手帳を初めて使ってみた。

 

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

ほぼ日手帳の“デイリーページ”に惹かれた。

 

その一点が自分にとっての最大の魅力であった。

 

しかし、いざ使ってみると、なかなか「毎日」書くことがない。

 

そうなると、空白のページが多くなる。

 

また逆に「めちゃ書きたい」という日もたまにある。

 

そうなると、1ページでは収まらない。

 

翌日分のページにまたがるのは、なんだか気持ちが悪い…。

 

だったら、日付を無視して順に使っていけばいいという考えにも至ったが…

 

それって、デイリーである必要ないじゃん!

 

と、自身に突っ込み…

 

結局、あまり気にしなくなった。笑

 

何か書きたいことがあれば、ササッと書く。

 

ある種、メモ代わりのようなものになっている。

 

けれども、今年は自分の中で「ノート術」なるものが少し確立してきた。

 

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

 

これは成果だな。

 

そして、今年の4月からは、ノートに毎日1ページの振り返りを書いている。

 

これを「ほぼ日手帳」で書けばいいのでは…!

 

とも思ったが、よく考えれば手帳である必要性はない。

 

ノートで十分だ。

 

むしろ、ノートの方が大きくて書きやすい。

 

ということで、来年は「手帳」を買わないかもしれない。

 

ノートでいろいろと代用できる。

 

そもそも…

 

ウィークリーの使い方がよく分からないのだ。笑

 

教員の仕事って、勤務時間中はそれこそ「時間割」に沿って動いているので…

 

わざわざウィークリーの時間軸に当てはめて書く必要性を感じない。

 

教員の方で、ウィークリーを活用できている方は…

 

どんな使い方をしているのだろう。

 

そんなことを考えた今朝…

 

さて、「1日構想ノート」が2冊目を終えた。

 

明日から3冊目に入る。

 

新しいノートって、それだけでワクワクする。