最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

朝5時からのミーティング。

今朝は、5時から勉強会。

 

新たな志高い仲間が参加してくれて、会も盛り上がってきた。

 

いつもの“カフェ”がメンテナンスのために7時まで使えないということで、いつもとは違う“カフェ”で第1部を行った。

 

6時になり、いつもの“ミーティングルーム“が開いたので、そちらへ移動。

 

第2部開始。

 

今日は4名。

 

8時半ころまで行った。

 

 

 

 

会終了後、“読書”について話をする機会があった。

 

自分はこれまでに、いろんな「読書術」の本を読んできて、今は“自分なりの”読書法で読んでいるけど…

 

その方の読書方法は、あまり聞いたことのない方法。

 

けど、非常に理にかなっているなと思った。

 

一言でいえば、「再読」の習慣があるということ。

 

「え?そんな、普通だよ」みたいな感じでさらりと話していたけど…

 

いやいや、それってすごい習慣だなぁと感じた。

 

1冊の本を二度三度読み返すって、自分ではあり得ない…

 

けど、それが「当たり前」の習慣になっているのは、すごい。

 

いろんな方法があるんだなぁ。

 

他にも、独自のメソッドを聞くことができて、非常に刺激を得た。

 

 

 

そして、本を読む目的として「知識を蓄積していく」という視点もあるんだと知った。

 

言い換えれば、「知識のツボ」だ。

 

知識がだんだんと溜まっていって…

 

いつかそのツボから溢れ出したときに、自分の身となっていることもある。

 

「本を読んだら、絶対にアクションを起こさないと!」という思いが強い自分がいて。

 

もちろん、それもすごく大切だと思うんだけど、それに縛られると、時に読書が辛くなる。

 

「知識を蓄積していく」という視点があるだけでも、あまり肩肘張らずに読めるかなぁと思った。

 

 

 

勉強会の方も、新たな学びを得た。

 

「職場」というコミュニティ以外で、自分から場を求めて参加するコミュニティって、すごく大切だと思う。

 

そんなことを改めて感じた朝だった。