最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

空白禁止の原則から考えたこと。

教育技術の1つに「空白禁止の原則」がある。

 

簡単にいうと、子どもが「何もしていない状態」を作らないようにすること。

 

例えば、一定量の問題プリントがあるとして…

 

それを解き終えるのに要する時間は、人によって様々だ。

 

その時、“早く”終わった子には何をして待たせるか。

 

そこまで考えていないと、そこを踏まえて指導しないと、つい「おしゃべり」が始まってしまうこともある。

 

そういったことは、自分がもっと若い時(今でも“若い”とは思っているが)から学び、意識はしていた。

 

 

 

 

けれども、昨日のサークルにて、新たな学びを得た。

 

目に見える状態での「空白禁止」だけでなく…

 

思考の「空白禁止」だ。

 

常に思考もスイッチがオンの状態。

 

ボーッとしている状態をなくす。

 

そのために、“刺激”を入れていく。

 

この“刺激”の入れ方が、楽しい。

 

さぁ、明日から実践していこう。

 

意識していこう。