最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

もっと謙虚にならないと成長はない。

異動して2年目。

 

自分でいうのも何だが…

 

異動を経験して、自身の力がだいぶパワーアップしたと感じる。

 

もちろん、“辛い”こともあった。

 

特に昨年度。

 

しかし、それも今となっては「良い経験」だ。

 

授業についてや学級経営についても(まだまだ甘ちょろだが)

 

前任校にいた時に比べれば、成長を感じる。

 

そして、その“力”を認めてくれている雰囲気もある。

 

 それは嬉しいこと。

 

自分は、“褒められて”も伸びるタイプなので。笑

 

認められても褒められても、そこで満足することはない。

 

さらに高みを目指したくなる。

 

いい循環だと思う。

 

 

 

が、しかし。

 

最近思う。

 

ちょっと…高慢というか…おごってはいないだろうか。

 

ビシッと指摘してくれたり、鼻をへし折ってくれたりする存在が…

 

いない。

 

もちろん、“外の世界”にはいる。

 

サークルであったり、仲間であったり…

 

ただ、多くの時間を過ごす「学校」という中では、どうなんだろう。

 

そして…

 

そういう思いがあるからか、「自分はできる」というハードルをあげている気がする。

 

自分は、そんなに“できる”のか?

 

そんなことはない。

 

だから高慢なんだ。

 

もっと謙虚にならないと。

 

こういう思いが「当たり前」になると…

 

自分から相談ができなくなる。

 

変なプライドが邪魔をする。

 

だめだ。

 

そういう意味では、悪循環。

 

 

 

 

クラスがうまくいっている。

 

授業もうまくできている。

 

そういったことも…

 

思い込みだろう。

 

いいところしか見ていないのかもしれない。

 

もっともっと謙虚に見つめていかないと。

 

どこかで一気に崩れる。