最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

手書きの良さを実感。

振り返りを手書きで書いている。

 

「振り返り」とは言っているが…

 

自分の“その瞬間”の“思考”のアウトプットという方が適切かもしれない。

 

書きながら、考えが深まっていったり、整理されていったり…

 

これ、やっぱり手書きがいい。

 

というか、キーボードで打つのでは、だめだ。(自分はね)

 

キーボードだと、打ち間違えたり、漢字に変換したりする際に、一瞬だけど思考がブツッと分断される。

 

一方で、手書きだと、スラスラ〜と書ける。

 

昨日の手書きの振り返りに、こんな部分がある。

 

今日は1分30秒で×0〜×9、12人が合格。

 

これ、手書きだからスラスラと書ける。

 

キーボードだと、(自分のタイピング技量では)遅い。

 

まず、「×」がすぐに変換できない。

 

「〜」も変換するのに、数秒かかる。

 

「1分30秒」と打とうとしたら、「1分30病」となってしまった。

 

これだけでも、すごいストレス。

 

スラスラと打てない。

 

手書きの良さを実感。

 

 

 

 

 

ただし以前書いていたように、1日の流れを振り返ったり、その時にやったことを記録していったりするには、キーボードでいいと思う。

 

要は、使い分けが大切ってことだな。

 

そんなことを、考えました。