最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

初日に何を話すか。

新年度初日。

 

我が校には、人事により、新しい校長が来た。

 

「今度の校長先生は、どんな人だろう」

 

「ワンマンなのかな?それとも、親しみやすいのかな?」

 

「なんだか怖そうだなぁ」

 

いろいろな思いがある。

 

そして、職員会議で校長から話がある。

 

職員に対しての、“学校長”としての初めての話である。

 

そこには「こんな学校を目指したい」という思いが詰まっているように感じた。

 

そして「みなさんと力を合わせていきたい」といった話もされた。

 

 

 

 

 

私という人間は、懐疑心が強い。

 

校長の話に対しても「それは本音だろうか?」なんてことを一瞬考えてしまう。

 

けれども、それが本音であろうが建前であろうが、今はいい。

 

その時の私には、心地のよい話であった。

 

「よし、頑張ろう」と思える話であった。

 

きっと、他の職員も同じような思いを抱いていたと思う。

 

 

 

 

やはり「黄金の3日間」は大切なのだ。

 

子どもたちと出会った初日。

 

教師が何を話すか。

 

その場で思いつくような言葉ではいけない。

 

練りに練って、言葉を厳選して、子どもたちに話したい。

 

今日、校長の話を聞いていて、子どもたちの思いが少し分かった気がする。

 

出会いの日、大切にしたいものだ。