最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

入学前のしつけの記事を読んで、考えたこと。

昨日、購読しているブログを見ていたら、こんな記事があった。

 

niigatacity-love.com

 

我が子は小学校どころか、幼稚園や保育園にも入園していないが、いずれこういう時期がくる。

 

そのための準備。

 

学校側からしてみると…

 

家庭でこういったしつけをきちんとされているって、すごくいいなぁと思う。

 

学校での教育と、家庭での教育。

 

それぞれに役割があると思う。

 

 

 

 

ずいぶん前になるが、保護者の方からこんなことを言われた。

 

「うちの息子、最近夜更かしばかりで…。ずっとゲームばかりしているんです。先生からきちんと言ってやってください!」

 

話の一部だけを切り取っているので、文言通りにしか伝わらないかもしれないが…

 

その時は「はい、言っておきますね」と答え、後日その子には雑談混じりで話をしたことがある。

 

時には、健康や科学的な視点から「早寝早起き」の良さを伝えることもある。

 

このように、学校でも「生活習慣」を整えるためのしつけはする。

 

こういったことも、もちろん積極的に伝えていくが…

 

ただ、仮にこれが「学校任せ」になってしまってはいけないのだと思う。

 

「夜更かしせずに、早寝をする」といったようなことは、基本的には家庭でしつけるべきことであろう。

 

 

 

時代は変われど、変わらないものもある。

 

家庭での教育力が弱まってきている、なんて言われる昨今であるが、

 

だから「学校」がやる、ということで解決できるものではない。

 

学校と家庭の連携。

 

この視点がすごく大切だと思う。

 

 

 

来年度、入学してくる新1年生。

 

きっと、今はワクワクドキドキしているんだろうなぁ。