最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

読書をする場所。

最近読んでいる本の中に、こんな言葉が出てきた。

 

パーソナル・リーディング・スペース

 

できる教師のどこでも読書術

できる教師のどこでも読書術

  • 作者: 山中伸之
  • 出版社/メーカー: さくら社
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

よく言われているのが、「三上の読書」だ。

 

これは、私も知っていたが…

 

三上とは、馬上・枕上・厠上のこと。

 

自分にとっての「三上」、つまりはパーソナル・リーディング・スペースはどこになるだろうか。

 

そんなことを考えた。

 

最近は…

 

お風呂だなぁ。

 

湯船に使って本を読んでいる。

 

「本が濡れてしまわないか?」と言われそうだが…

 

いろいろと気を遣ってはいるので、濡れていない。(今の所)

 

あとは、電車の中。

 

電車自体は、あまり乗る機会はないんだけれども、一人で乗る場合は読書に最適な場所だ。

 

それと、朝の教室もいい。

 

子どもたちが登校してくる前に、ちょこっとだけ読む。

 

逆に放課後だと、どうも落ち着かない。

 

一つでも仕事を片付けたい気持ちが強いのだろう。

 

そして王道のカフェも。

 

ただ、カフェこそ行く機会がない。

 

あそこは、本当に集中して読書ができるんだが…

 

他にもいいところがないかなぁ…

 

パーソナル・リーディング・スペースをいくつか持っておくことって、いいかもしれない。