最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

給食事情。

我が校の給食は自校式(給食センターではなく、学校の中で独自に作っている)なので、とても美味しい。

 

何が一番いいかって、温かいのである。

 

自校式ではなく、給食センターから届く給食の場合、食感のスープが(冷えている…とまでは言わないが)少しぬるい。

 

前任校がそうであった。

 

が、自校式だと、熱々。笑

 

それに、とても美味しいので、給食は私にとっても楽しみの1つだ。

 

 

 

昨日、栄養士の方にこんなことを言われた。

 

「先生(私)のクラスって、本当よく食べますよね」

 

「残菜が他のクラスに比べて、本当少ないです」

 

そうなのか…!

 

そういうことを意識していなかったから、言われてビックリした。

 

別に「残さず食べましょう!」などとは言っていない。

 

むしろ、食べれなくて残しても、あまり何も言わない。

 

が、以前は違った。

 

よそられたものは、全て完食できるように声をかけていた。

 

それにも理由があって、最初に自分が食べられる量に“減らして”いたのだ。

 

しかし今の学校では、最初に減らすことはしていない。

 

そのため、配膳当番がよそった量を食べることになる。

 

少食の子や、好き嫌いが多い子もなかにはいるので、そういった子は残している。

 

今は、そのことについては特に何も言わない。

 

ただ、最初に“増やす”場合は、別だ。

 

我がクラスでは、配膳が一通り終わったあと、余っているものを“増やす”ことができる。

 

しかし、この増やしに参加できるのは、基本的に完食できる子。

 

増やす前に、「今よそられているものは、食べきろう」と声をかけている。

 

それでも、増やしたあとに、残してしまう子も時々いる。

 

理由はいくつかあるが…

 

私が大量に増やしすぎるも原因の1つかもしれない…笑

 

増やす際に、「どんどん増やすから、ストップって言ってね」方式なのだ。

 

けれども、増やした上で残してしまう子にも、別に無理は言わない。

 

「増やしたけど、残します」と一言伝えにきて、終わり。

 

だから、我がクラスは最終的に「残食ゼロ」となる日は滅多にないのだ。

 

 

 

そんな状況だから、昨日栄養士さんに言われたことは意外だった。

 

よく食べる方なのか…

 

考えられる理由は…2つ。

 

1つは、私が大量に食べているということ。笑

 

体も大きい分、消費エネルギーも多いので…笑

 

そしてもう1つは…

 

子どもたちの消費エネルギーも多いからではないだろうか。

 

エネルギー消費という点では、他のクラスと比べても、多い方だと思う。

 

朝から何事も全力な子どもたちなので…

 

 

 

「黄金のスキマ時間」ということが浸透していて、

 

5分でも3分でも、たとえ1分でもスキマ時間があれば、その時間を有効に活用しようとしている。

 

それだけ時間を意識しているのだから…

 

逆を言えば、自らスキマ時間を作ることもしない。

 

作業の切り替えも速い。

 

休み時間以外、休む暇はほぼない。

 

それくらい、常にフル回転。

 

エネルギー消費は大きいだろうなぁと思う。

 

 

 

だからこそ、給食でエネルギーを補給しなくては…!

 

そんな私も、夕方になると、バテることがある。

 

昨日は、遅くまで仕事をする気満々だったが…

 

19時前には脱落した。

 

あまりにも頭が回転しなかったのだ。

 

昨日の寒さも厳しかったかな…

 

 

 

さぁ、その分、今日は頑張るぞ!

 

朝食も食べたし!

 

チョコも買ったし!(栄養補給用)

 

ひとまず…

 

給食の時間まで突っ走ろう!!