最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

何を優先するか。

以前行ったセミナーで、こんな質問をされたことを思い出した。

 

 

 

楽しいけど、子どもに力がつかない授業

 

楽しくないけど、子どもに力がつく授業

 

あなたは、どちらがいいですか?

 

 

 

なんだか、すごーく究極。

 

カレー味のう○○と、う○○味のカレー、食べるのならどっち?なんて質問が昔に流行ったけど、それくらい絶妙(?)な質問…。

 

ちなみに、ここで言う「楽しい」とか「力がつく」の定義は省きます。

 

ご自身の感覚で考えてください。

 

 

 

 

 

私も、その時めちゃくちゃ真剣に考えました。

 

そして、「どちらにするか」挙手を迫られたので…

 

はっきりは決まらないまま「楽しくないけど、子どもに力がつく授業」に挙手しました。

 

会場全体では、どちらの立場にも挙手がありました。

 

そこで、講師の方がいいます。

 

 

 

私は…

 

 

 

 

 

 

楽しくて、子どもに力がつく授業でないといけないと思います。

 

 

 

ちょっと…ずるい!笑

 

けど、納得です。

 

当たり前ですが、そりゃ、そうですね。

 

 

セミナーでの話は、ここまでなのですが…

 

これについて、私自身どうだろうと振り返ってみたのです。

 

すると、ここ最近で傾向(考え)が変わってきているなと実感。

 

以前は、楽しさ優先でした。

 

ざっくりと言えば…

 

楽しく学習していれば、自然と力がついてくるだろうという考えです。

 

だからこそ、子どもたちが熱中するような授業、知的好奇心が刺激されるような授業を目指していました。

 

それもすごく大事だと、今でも思います。

 

ただ、そこに「子どもに力をつける」というはっきりとした思いは…なかったように思います。

 

誤解しないでいただきたいのは、「子どもに力をつけなくてもいい」と思っているのではありません。

 

子どもに力をつけていくのは、当たり前なのです。

 

その当たり前のことを、強く強く意識していなかったな…ということ。

 

 

 

 

今は、そこが強く意識されています。

 

「子どもに力をつける」

 

「子どもを伸ばす」

 

こういう思いが強い。

 

だから、冒頭の質問では、後者の考えに挙手したのだと思っています。

 

 

 

 

もう少し、具体的に話をしてみます。

 

例えば、2年生の担任だとして…

(私自身、2年生の担任経験はないのですが)

 

2年生では「かけ算九九」を学習します。

 

では3年生に進級した時、全員が「かけ算九九」を習得しているかどうか。

 

もっと言えば「かけ算九九」を自在に活用できるかどうか。

 

「7×8は?」と問われて、一瞬で「56!」と答えられる。

 

「かけ算九九」を習得していても…

 

「しちご35…しちしち49…しちは56…あ、56!」と答えている子、実際にいます。

 

九九は言えるけど…というレベルでは今後、桁数が増えた時やわり算のときに、スムーズに計算ができません。

 

「力をつける」というのは、一つにこういうことだと思います。

 

3年生では、「かけ算九九」はできることを前提で、教科書の学習が進んでいきます。

 

ただ、「かけ算九九」を習得できていない子も、決して珍しくありません。

 

もちろん、そういう場合は個に対応していきますが…

 

以前の自分だったら、そこの視点がすっぽりと抜けていたように思います。

 

きっと2年生を担任していても、「全員が九九を活用できるレベル」にまで鍛えていなかったと思います。

(もちろん学習において特別な支援を要する子もいますので、「全員」というのは一概には言えません)

 

 

 

楽しく、子どもに力をつけていく。

 

この視点を忘れずに、日々過ごしていきたいものです。