読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

今週の目標。

昨日の朝、教室で仕事をしている時に、ふと思ったことがあった。

 

教室横の壁に掲示してある「今月の目標」について。

 

「寒さに負けず頑張ろう」である。

 

そして、その隣には「今週の目標」が掲示してある。

 

「体調を整えよう」だ。

 

「今月の目標」というのは、4月の時点で既に決まっている。

 

教育計画に盛り込まれているものだ。

 

が、「今週の目標」については、毎週末、当番の先生方が集まって文言を決める。

 

そういう実態になっている。

 

 

 

 

以前、こんな記事を読んだ。

 

www.kesuke03.xyz

 

学校というところは、本当に目標が多すぎる。

 

その中でも、「今月の目標」「今週の目標」というものは、常に更新され続けていて、(一応)子どもたちがすぐに見えるところに掲示してある。

 

ここで思う。

 

果たして、どれだけの先生が、この目標を子どもたちに落とし込めているか。

 

正直にいうが、我がクラスでは「今週の目標」について触れられていない。

 

ただ、掲示してあるだけ。

 

月曜日の朝にでも「今週の目標は、『体調を整えよう』です」と、一言でも言えば済む話かもしれないが…。

 

そんな話だけで「よし、今週は頑張って体調を整えるぞ!」と思う子はどれだけいるだろうか。

 

そもそも「体調を整える」って、曖昧すぎる。

 

今週、風邪を引かなかったら「体調を整えられた!今週も目標達成!」となるのだろうか?

 

そんな馬鹿な…笑

 

体調を整えるために○○しよう、というところまで具体的に目標を立てないと、評価ができない。

 

それを子ども自身で出来れば問題はないが、我がクラスの子どもたちはそこまで育てられていない。

 

では、教師がより具体的に目標を提示してあげればいいかもしれないが…

 

だったら始めから「体調を整えよう」自体をもっと具体的にすればいい話ではないだろうか。

 

 

 

 

…と、ここまで書いたが、私が言いたいのはそういうことではなくて。笑

 

要するに、なんだか「形式的」なことが多すぎる。

 

時間を割いて話し合って決めているにもかかわらず、子どもたちにあまり伝わっていない気がする。

 

いや、うちのクラスだけかもしれないが …

 

私のクラスの実態だけで判断してしまえば、「今週の目標」はいらない。

 

ただ、そんな勝手なことを言っていても解決にはならない。

 

他のクラスでは、どのように「今週の目標」を子どもたちに伝えているのかが知りたい。

 

そして「目標」であるからには、必ず評価する機会があるはずだ。

 

そういったことを、どのように行っているのかが知りたい。

 

 

 

そんなことを思った、昨日の朝。

 

本当は、もっともっと書きたい思いがあるのだが…

 

仕事が溜まっていて…笑

 

それでは、行ってきます。