読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

“素”の限界。

教育関連

今週は毎日のように、遅めの出勤となっている。

 

“遅い”と言っても、勤務時間前には出勤しているのだが…

 

月曜は体調が優れなかったために、ギリギリに出勤。

 

そこから、“あえて”遅めに出勤している。

 

だいたい、7:40〜7:50に職場に到着する感じだ。

 

ちなみに先週までは、日によるが5:45〜6:15頃に到着していた。

 

1時間半〜2時間近くの差がある。

 

「早朝に出勤するのと、やや勤務時間ギリギリに出勤するのは、どちらがいいのか?」

 

これが、今週の私のテーマとなっている。笑

 

また後日、まとめてみたい。

 

 

さて、今日は先日のセミナーで印象に残った言葉パート2を…。

 

 

 

「まずは、こちらが好きになる。

素では無理でも、“演技した自分”が好きになればいい。」

 

 

 

子どもとの関係性。

 

とは言っても、やはり人間同士だ。

 

器の大きい人ならば別かもしれないが、

 

どうしても敬遠してしまう時があるかもしれない。

 

けれども、そんなとき、“素の自分”で対応していてはいけないのだ。

 

極端に言えば…

 

“素の自分”では好きになれなくても、“演技した自分”で相手を好きになればいい。

 

教師というのは、アクターだ。

 

この言葉を聞いてから、なんだか気持ちがフッと楽になった。

 

“素”だから無理が生じるのだ。

 

自分は、そこまで大きな器をまだ備えていない。

 

だったら、演じればいい。

 

これも、一つのプロ意識なんだと思う。

 

 

 

さぁ、行ってこよう。

 

いつもなら…

 

もう職場にいる時間。

 

今日はまだ自宅。

 

行ってきます。