最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

100円ショップでの出来事。

先日の話。

 

100円ショップに行った。

 

ホワイトボードや掛け時計、トランプなどを購入した。

 

レジに並ぶ。

 

ホワイトボードは5枚購入した。

 

マグネット形式だったので、5枚がくっついている。

 

店員さんが数える。

 

「同じものなので、4枚まとめてバーコードを読みますね」

 

ん…?

 

4枚…?

 

たしか5枚購入したはずだったが…。

 

店員さんの数え間違いか、それとも私の勘違いか。

 

その時…心の中で「お、ラッキー?」と思った。

 

が、次の瞬間に「いや、ダメだろう!」と思った。

 

そして、「多分5枚だったと思いますが…」と店員さんに再確認してもらう。

 

1、2、3、4…5。

 

やはり、5枚。

 

「申し訳ありません、5枚ですね」

 

レジを打ちなおす。

 

会計に108円が加わる。

 

そんな出来事が先日あった。

 

 

 

店員さんが数え間違えたところから、私が確認を促すところまで時間にして5秒くらいだったと思う。

 

しかし、その時間の中で、

 

実に人間くさい(?)葛藤が起きていた。

 

「お、ラッキー?」と思ったのも事実。

 

そのままにしておくことも可能ではあった。

 

ただ…

 

なんというか、すごく気持ちの悪い感覚が襲ってきた。

 

108円。

 

値段の問題ではないのだろう。

 

人としての道徳心だろうか。

 

今、思い返せば、我ながらに正しい選択をしたと思う。

 

だが、あのまま通過していたら、

 

後になって“後悔”していたかもしれない。

 

こういうことって、みなさんにも“よくあり得ること”なのだろうか?

 

少なくとも…私はこういう人間なのだ。

 

善と悪って、こういう紙一重なところがあるのかもしれないなぁと思った。

 

心の中の天使と悪魔じゃないけれど、

 

必ずしも毎回、天使が勝つとは限らないかもしれない。

 

けど、きちんと「天使」が登場できるようにしなくてはならない。

 

あの場面で登場人物が「悪魔」だけではいけないのだ。

 

天使と悪魔が戦わなければならないのだ。

(もちろん、天使だけならそれに越したことはない)

 

たった5秒間の出来事だったけど、

 

深く考えさせられた出来事だった。

 

 

 

 

今日で、1週間終了。

 

お疲れ様でした。

 

明日は勉強をしに行ってきます。

 

ちょっと緊張…。

 

まだ、気は休まらないようだ。