最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

Fire TV Stickで下町ロケットを見た。

おはようございます。

 

いきなりですが…

 

先日買ったFire TV Stick、これがすごい!!

 

「見るとハマってしまうから、私は見ない…」なんて思っていたけど、ラインナップを知ると、ちょっと我慢できなかった…笑

 

こんなのがある!!

f:id:taka-ichi0504:20170115175438j:plain

 

f:id:taka-ichi0504:20170115175455j:plain

 

いやいや、見たくなるよ、これ…!

 

けど、時間は有限。

 

「ちょっとした息抜き」程度にしておかないと…

 

ということで、ちょっと気になっていたこれを見ることに。

 

f:id:taka-ichi0504:20170115175702j:plain

 

下町ロケット

 

原作は全く知らないんだけど、池井戸潤の作品であることは知っていた。

 

とういうことで、見てみた第1話

(若干のネタバレあり)

 

下町の町工場の「つくだ製作所」へ、大企業「ナカシマ精機」から一通の訴状が届く。

内容は、つくだ製作所がナカシマ精機の特許を侵害したとのこと。

だが、実際はそんなことはなく、ナカシマ精機の陰謀のようで…。

中小企業であるつくだ製作所は窮地に立たされてしまう。

そんな中、ロケット打ち上げ計画を進めている「帝国重工」では、重大な事件が起こる。

帝国重工のロケットに使われている“技術”が、実はつくだ製作所の特許技術として登録されていたのだ。

今後は、三つの企業が、“技術”を巡っていく展開になるのだろうか…。

 

第1話はこんなあらすじ。

 

この中で、一番印象に残ったシーン。

 

つくだ製作所の社長が社員に向かってこんなことを言っていた。

 

 

「つくだ製作所は創業以来、最大の危機を迎えている。

でも、我々には、長年培った技術がある。

ものを作ってきた誇りがある。

その誇りを大企業は今、理不尽にも踏みにじろうとしている。

それに負けるつもりはない

だから、みんなも力を貸して欲しい。」

 

 

熱いねぇ。

 

私、こういうの好き。

 

どうやら全部で5話しかないようなので、これはじっくりと最後まで見ていこうかな。

 

 

 

 

技術。

 

企業にとって、この技術というのは、まさに「命」なのだと思う。

 

いかに素晴らしいオリジナリティーのある技術を生み出すか。

 

時にはこの技術を巡って、企業同士、人間同士の争いも起こるのだろう。

 

そう簡単には技術を明け渡すわけにはいかない。

 

そういう気概を持っているんだろうな。

 

 

我々、教師の世界にも、技術というものは存在する。

 

そこにはオリジナリティーを求められることもあるだろう。

 

しかし、下町ロケットの話のような企業と大きく違うのは…

 

その技術は、いくらでも共有できるということ。

 

むしろ、共有すべきだろう。

 

人から聞いたり、書籍を読んだり…いくらでも技術を得る方法はある。

 

技術を巡って、争うようなことなんてない。

 

しかしながら…

 

その技術、十分に共有されていない

 

技術を盗もうという必死さがない…そう感じる。

(もちろん、そうでない人もいる)

 

いくらでも技術を知ることができる環境なのにもかかわらず…

 

まぁ…技術に限ったことではないんだけども。

 

要するに、学ぼうとしている人と、そうでない人がいる。

 

向上心がある人と、そうでない人…

 

どこの業界でもそうなのかもしれないけれど…

 

下町ロケットを見て、そんなことを思った。

 

必死さが…全然違うんだな。

 

ドラマと比べても仕方ないかもしれないけど…

 

我々の世界に、「倒産」はないからなぁ…

 

 

 

 

 あぁ…

 

下町ロケット、楽しい。笑

 

はまりすぎない程度に…夢中になろう。