読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

センター試験の思い出。

雑記

センター試験

 

私が受けたのは、今から何年前になるんだろう…。

 

10年以上経っているのか…。

 

時の流れは…速い。

 

私は、2回センター試験を受けた。

 

1回目は高校3年生のとき、いわゆる現役。

 

2回目は、浪人したために。

 

現役の時は、前日の夜から高熱を出した…。

 

試験当日も38度ほどあった。

 

とりあえず、薬を飲んで、試験を受ける。

 

日本史のときは、途中からうつぶせになって寝ていた気がする。

 

試験2日目は、なんとか体調を戻したけれども、結果、総得点が7割に満たず。

 

まぁ…風邪を引いていなくても、同じような結果だったと思う。笑

 

そしてリベンジ。

 

浪人の時は、現役の時とは会場が変わった。

 

周りも知らない人ばかり。

 

現役の時は、周りは同じ高校の人がたくさんいたけど…

 

そんななか、2回目のセンター試験が始まる。

 

もちろん体調は万全。

 

勉強も万全。

 

いい感じで1日目の午前中を終える。

 

昼食時、ふと気づく。

 

斜め前に座っている女性は…

 

中学の同級生の鈴木(仮名)ではないか!!

 

久しぶりだなぁ…

 

卒業以来4年ぶりではないだろうか…

 

向こうは気づいていないようだ…

 

ちょっと驚かせてやろう。

 

ということで、背後に忍び寄り「おい、鈴木!久しぶり!!」と声をかけた。

 

…無反応。

 

「おいおい、鈴木!!」と肩を叩く。

 

鈴木がこちらを見る。

 

「え…どなたですか?」というような目をしている。

 

そんなに風貌は変わっていないはずだが…

 

「俺だよ、俺。⚪︎⚪︎(私の名前)だよ、中学の同じクラスだった!」

 

「…いや、ちょっと…」

 

なんだ、その反応!

 

こっちは、1年間浪人した仲間であろう者が、同じ会場で試験を受けていることに嬉しさを感じているのに…

 

そんなに無愛想だったか?

 

…ん?

 

…もしや。

 

「あの…鈴木(仮名)だよね?」

 

 

 

 

 

「いえ、違います」

 

あ、人違い。

 

すっごく似てたんだよ。

 

あまりにも似ていて、絶対に鈴木だと思って、しかも同じ会場にいて、きっとお互い浪人生活を頑張ったであろう仲間だと思って…

 

そりゃ、声かけるでしょう。

 

けど、

 

 

人違い。

 

 

確実に…動揺を与えてしまった。

 

午後の試験、そして2日目の試験に影響が出ていないといいのだが…。

 

私の方は、すぐに気持ちを切り替えて、午後の試験に臨んだ。

 

結果はいい感じであり、無事、志望校にも合格した。

 

 

鈴木さんに似ていた人、無事に合格できていたのだろうか…。

 

そんなセンター試験の思い出。

 

 

 

 

さぁ、今日も出勤。

 

今週最後の授業をしてきます。