最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

人生初の寝坊は…。

今朝は3時55分起床。

 

まあまあだろう。

 

起きる直前まで、夢を見ていた。

 

仕事に寝坊して遅刻をする夢だ。

 

自慢ではないが、私は今までに学校、部活、仕事において“寝坊での遅刻”をしたことがない。

(記憶の限りでは…)

 

だからこそ、夢とはいえ、焦った…!!

 

起きると、時計はAM9時を回っている。

 

1時間目が始まっているではないか!

 

しかし、私のケータイには学校からの着信がない。

 

これも逆に怖い。

 

すぐに職場へ連絡した。

 

「連絡が遅れてすみません…

 

熱が39.5度あって…

 

行こうかどうか悩んでいました

 

Oh...

 

我ながら、なんという苦しい言い訳だろうか。

 

悩む前に連絡はすべきだよなぁ、と思いながらも、これは夢。

 

「そうですか…」と返答があった。

 

しかし、そのあと6分もの間、お互いに無言

 

電話代が気になった私は、電話を切ろうと思ったけど、

 

よく見ると耳に当てていたのは、ケータイではなく、割り箸!

 

ツッコミどころ満載の素敵な夢で目覚めました。

 

 

 

 

 

これは夢だったけど…

 

教員ってなかなか休みづらいって思う。

 

クラスに子どもたちがいるからね…。

 

けど、

 

実際は、お休みをしてもクラスはどうにか回ってしまうものなんだよな。

(もちろん無断での欠勤はいけません。笑)

 

その分、誰かが代わりにクラスに入ってくれて、大変大変お世話になるんだけども…

 

前の職場で先輩が言っていた。

 

「自分もいつ(病気や急用などで)休むか分からない。困ったときはお互い様。だから、誰かが休んだときは、可能な限り自分が代わりにそのクラスに入るよ。」

 

代わりにクラスに入ることを“補教”なんていうんだけど、

 

“補教”を頼まれると、あからさまに嫌な顔をする人も中にはいる。

 

けど、お互い様精神だよな。

 

自分もお世話になることがあるんだから、そこは心地よく引き受けたい。

 

先輩の言葉は、今でも忘れない。

 

 

 

 

今朝、こんなニュースを読んだ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

精神疾患うつ病

 

一生懸命働くことは大切だ。

 

「子どもたちを伸ばしたい」という思いが強ければ強いほど…

 

けど、雑務(なんて言ったらいけないかもしれないけど)のような業務が多いのも事実。

 

休職してしまう前に、

 

どこかでリフレッシュできたら…なんて言うけど、

 

難しいんだよなぁ、実際は。

 

けど、いい意味で、

 

我々の代わりになる人はたくさんいる。

 

(寝坊ではなくても)1日くらいゆっくり休めたらいいなぁ。

 

それでも多忙なのだから。

 

 

 

今日から冬休み。

 

しっかりと、リフレッシュをしようと心に決めた。