最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

“仕事”という感覚。

今朝も寒いですね。

 

そして、月曜日。

 

疲れが抜けないまま、今週も始動。

 

“楽しさ”からくる疲れもあるんだな。

 

昨日で、心はスッキリしているけど、体がズッキリしている。

 

しかし、クラスで子どもたちに会えば、一気に切り替わる。

 

面白い仕事だ。

 

 

 

そういえば、先月、弟に会った。

 

普段はあまり会話をしない兄弟なのだが(笑)

 

その時はよく喋った。

 

その話のなかで、

 

「仕事が楽しくない」というようなことを言っていた。

 

さらに「お兄ちゃんは、好きなことを仕事にしているけどさ…」というフレーズが聞かれた。

(このあと、弟の相談にのったので、弟の仕事に話については割愛)

 

好きなことを仕事にしている…?

 

正直なところ、あまりピンとこなかった。

 

たしかに、ずっと憧れていた職業である。

 

なりたくてなったわけだ。

 

だが、“好きなこと”という言葉には、なんだか違和感がある。

 

学校が好き。

 

子どもが好き。

 

教えることが好き。

 

いろんな好きがあるだろうけど、なんだろう、この感覚。

 

実は、まだこの感覚が解決されていない状態なので、これ以上のことは書けない。

 

ただ、1つ思うことがあって。

 

仕事をしていて、“仕事をしている”という感覚がない時期がある、ということ。

 

子どもの頃、学校に行くことは当たり前の感覚で、「あぁ、今日も義務教育だ…」なんて思ったことはなかった。

 

それと似た感覚なのかな。

 

辛い時期だろうと、「今日も仕事だ…」と思うのではなく、

 

「今日も学校だ…」と思っていたような気がする。

 

あまり“仕事”という感覚がないのであろう。

 

ちょっとよくまとまらないけど、

 

“仕事”と思わない時が、“好きなこと”をしているということなのか?

 

うーん…

 

もう少し、考えてみよう。