最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

ひらめいた、算数の指導法。

算数の授業について、何かいい実践はないかと話し合いをしていた。

 

相手は、私よりも年下の後輩たち。

 

つまり、私がその話し合いの場においては、一番の長となる。

 

その場の雰囲気から考えると、私の意見が大きく影響を与えるということが分かる。

 

 

 

 

話し合いはなかなか進まず…。

 

いい意見が出てこないのだ。

 

そのとき、私の噛んでいたガムが床に落ちてしまった。

 

私は、その瞬間ひらめいた!

 

 

 

「ハイテンション算数って、知ってる?」

 

その場の誰もが、聞いたことがないという。

 

そこで、私は例題をふまえながら説明を始めた。

 

「例えば、こんな問題…

 

 

 

 

私はガムを噛んでいました。

 

するとぉっ、ガムを落としてしまったではないですか!!

 

それに驚いたのはぁ〜…

 

目の前にいた友人!!

 

その友人もガムを3つも落としてしまったのだぁぁぁぁぁぁ!!

 

それを見て、さらに驚いたのがぁぁ…

 

そのまた友人っ!!!!

 

その友人はぁぁ、なんとぉ!!

 

噛んでいたガムを5つも落としてしまったぁぁーーーーーーー!!

 

さて、ガムは全部でいくつ床に落としたでしょうかっ!!

 

 

…こうやって、ハイテンションに問題を出すんだよ」

 

 

と後輩たちに語った。

 

「早速、やってみます!!」

 

と、後輩たちは意気込んでいた。

 

「とにかくね、ハイテンションになることが大事なの。

 

このテンションがいかに高いかで全然違ってくるから。」

 

と意気揚々に補足を付け足した、私。

 

 

 

 

 

 

…という今朝みました

 

いや、なかなか斬新な実践だと思うよ。笑

 

明日、やってみようかな…ハイテンション算数。