読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

毎日行う、するとスピード感が出る。

教育関連

小学校では、毎日5〜6時間の授業がある。

 

その中で「国語」という教科はほぼ毎日行われている。

 

国語の時間。

 

その時間の中の数分を活用して、毎日国語辞書を使った取り組みをしている。

 

 

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

詳しくは、以前の記事をご覧いただきたい。

 

2学期になり、ほぼ毎日取り組んでいる。

 

子どもたちは、明らかに辞書を引く力がアップしている。

 

その1つの基準は、スピードである。

 

制限時間は1分間にしているが、早い子は、辞書を引き始めてから3秒で見つける。

 

本当に3秒なのだ。

 

毎日3つの単語を行っているが、辞書引き競争にかかる時間はトータルで4分かからない。

 

短時間でできるものを毎日繰り返す。

 

子どもたちの力は確実に上がっている。

 

 

 

また、百人一首にも取り組んでいる。

 

これは4月から行っているが、こちらもスピード感がとてつもない。

 

と言っても、読み手の私の読むスピードが影響しているのだが、

 

1回の試合(20枚の札で勝負)が1分20秒ほどで終わる。

 

毎日2回戦行うが、準備と片付けを含めても所要時間はトータル5分である。

 

ちょっとした隙間時間にもできる取り組みだ。

 

スピードを意識する。

 

子どもたちの姿はガラッと変わる。

 

もちろん、スピードがある中で丁寧に取り組むことが大切だ。

 

短時間×多回数

 

こういう取り組みが、日々積み重なって、力をつけていくのだと思う。

 

おすすめである。