最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

あたりまえの環境。

あたりまえのこと。


私たちが「あたりまえ」と思っていること。


それは、すべての人にとっての「あたりまえ」ではない。


「あたりまえ」と思う環境にいる間は、その「あたりまえ」に感謝することは、ほぼない。


「あたりまえ」のようにお腹いっぱいに飯を食べ


「あたりまえ」のように温かい布団で寝て


「あたりまえ」のように学校に行って友達と過ごし


「あたりまえ」のように走り回る。


けど、それって「あたりまえ」だと思っているだけだ。


私は学生の頃、腰を怪我して


普通に歩くことすらできなかった時期がある。


靴下を履くことも困難であった。


あのとき、


これまでの「あたりまえ」があたりまえでなくなった。


健康でいられること。


いかに感謝すべきことか。


今、ある環境が「あたりまえ」ではない。


そのことを、忘れてはならない。