読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

時間の意識。

時間の感覚。

 

小学校教員は、毎日45分間の授業を5〜6本行っている。

 

そのため「45分間」という時間の感覚は、かなり鋭いと思う。

 

時計を見なくとも「今、20分くらい経ったかな」というのが分かる。

 

本当に毎日45分間を繰り返しているわけだから「え、あと5分しかないの?」とかいう事態は、あまりない。(たまには、ある。笑)

 

もう体に染み込んでいるのだろう。

 

学生の頃にやっていたラグビーは、40分ハーフであった。

 

ただ、毎日試合をやっていたわけではなかったから「40分間」という時間はそれほど身に染みてはいなかったかな。

 

それよりも毎日の「2時間」という練習時間の方が、感覚として鋭かった。

 

時計を見なくとも「あと30分くらい」というのが大体分かるのだ。

 

 

 

 

話を授業に戻すが、時に「え、もう終わりなの?」とチャイムで授業終了に気付くことがある。

 

それは、私だけでなく、子どもたちも同様にだ。

 

熱中している授業ほど、そういったことがある。

 

そういう熱中した授業がバンバンできればいいなと思っている。

 

 

 

 

熱中。

 

日々の生活を振り返ってみて、

 

時間を忘れるくらい熱中したことって、ここ最近あったかなぁ。

 

なんだか時間ばかり気にしていて、知らず知らずのうちに時間に縛られている。

 

休みの日でさえも、なんだか時間を気にしているなぁ。

 

月に1日くらいは「時間なんて気にしないで〜(Day)」を作るべきだろうか。

 

そんなことを考えた。