最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

鉛筆。

最近、学級での様子を写真や映像に撮ることがあります。

 

そこで初めて見えてくることがあるから、いい学びになるのです。

 

 

 

先日、計算問題をさせている場面を動画で撮りました。

 

そのときに行った計算は「スピード」を意識させるもの。

 

子どもたちが真剣に計算している姿を放課後に見ていると、ふと気付いたのです。

 

鉛筆の持ちかた

 

あぁ、普段、そこには意識が向いていなかったなぁ。

 

鉛筆の持ちかたを(正しく)変えれば、余計な力を入れずにもっと楽に書けるのだろうなと思いました。

 

 

 

私、小学生の頃、そろばんを習っていました。

 

それこそ「スピード」が問われます。

 

一応、段をもっているので、大会にも結構出場していました。

 

計算スピードはもちろんのこと、書くスピードも大切になってきますね。

 

 

 

鉛筆の持ちかた。

 

こういうちょっとしたことが、実は大事な土台となり、他に影響を及ぼしていくんだろうなと感じています。