読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

とことんやる。

昨年度のこと。

 

運動会で「組体操」を指導した。

 

自分が中心になって指導したのは初めてであった。

 

夏休みの間、とことん「組体操」について調べた。

 

このシーズンになれば、本屋に行くと必ず関連書籍が目立つところに置いてある。

 

パラパラと中を見て、「使えそう!」と思ったものが1ページでもあれば購入した。

 

また、これまでに購入していた雑誌などからも「組体操」に関するページは全てコピーをし、ノートに貼り付けた。

 

「組体操」専用のノートを作った。

 

そのノートを常に持ち歩き、暇さえあれば読んで、構想を練った。

 

とにかく思いついたことは全て書き記した。

 

どんな技をどう構成しようか。

 

曲はどうしようか。

 

大体の構想ができたら、指導の手順を細かく書き出した。

 

1つの技について、幾つもの指導方法を考え、よりよいものに選定していった。

 

何よりも安全第一。

 

万が一を常に想定して、指導方法を考えなければならない。

 

大切なのは、その技の「終わり方」を先に示すこと。

 

どのように着地するのか。

 

まずは着地の練習からさせた技もある。

 

万が一、億が一を考えて、バランスを崩した時にどうするかも練習をした。

(ちなみに、極端に高さのある技や、土台の子に負担がかかりすぎる技は排除した)

 

この時期、毎朝近場のカフェに行き、2時間ほど「今日の指導」を頭に叩き込んでから、学校へ向かった。

 

そんな日々の連続だった。

 

自分の力の150%を懸けた。

 

さて、今年はいったい何に力を入れるのか。

 

まだ、昨年度ほど「とことん」やった実践はない。

 

もちろん、日々の指導は全力であるが…それは100%。

 

今年の150%、どこで発揮するのか。

 

年に1回くらい、こういう機会をもたないと、教師としてぐーんと成長できない。

 

爆発するくらい、どこかで本気を出さないと。