読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

カエルの話。

私はカエルが嫌いだ。

 

嫌い、というか苦手だ。

 

小学生の頃、大量のカエルを服の背中から入れられたことがある。

 

それ以来、カエルが嫌いだ。

 

そして、私の背中にカエルを入れたY君も、あまり好きではない。

 

 

 

話は変わるが、先日、とあるクラスでゴキブリが出現した。

 

大抵、クラスに30〜40人も子どもがいれば、1人くらいは必ずいるのだ。

 

素手でつかまえようとする強者が。

 

その時も、その強者が、事件を解決に導いたらしい。

 

一応、衛生面を考えて、手を洗わせたが。

 

我がクラスにも、虫博士がいる。

 

とにかく、なんでも捕まえてくる。

 

ただ、カエルだけはやめてほしい。

 

まだ、カエルを教室に持ち込んだことはないので、なんとかなっている。

 

 

 

私が小学生の頃、クラスでカエルを育てていた。

 

私の記憶が正しければ、卵か、もしくはオタマジャクシの頃からみんなで育てていたと思う。

 

ちなみに、当時から私はカエルが好きではない。

 

それでも、なんとかやっていた。

 

ある日、「カエルになった!」とクラスのみんなが大騒ぎしていた時があった。

 

今まで育ててきた分、感動も大きいのだろう。

 

カゴからカエルを出し、教室の中に放してあげていた。

 

その直後、何もしらないM君が教室に走りこんできた。

 

ちなみに、M君は、どちらかといえば、引っ込み思案な性格だ。

 

その彼が、見事にカエルを踏みつぶした。

 

普段はおとなしいM君が、片足を上げながらキャーキャー騒いでいる光景は今でも忘れまい。

 

あのとき、その周りにいた人たちはどんなリアクションだったのだろうか。

 

それは、思い出せない。

 

ただ、カゴから出した瞬間に変わり果てたカエルの姿は、想像するに容易い。

 

やっぱり、私はカエルが嫌いだ。