読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

1冊のノート。

私の家の「勉強部屋」には、本棚がある。

(「書斎」と表現すると、妻に叱られるのだ。「あなただけの部屋ではない!」と。)

 

つい先日も、本が収まりきらなくなったので、新たなものを購入した。

 

私は、子どもの頃は、決して本が好きだったわけではない。

 

大人になってからも、どちらかといえば、あまり本を読まない人間であった。

 

しかし気付けば、本棚には多くの本(主に教育書関連)が並べられている。

 

その中に、1冊のノートがある。

 

このノートは私にとって、「宝」のノートである。

 

 

 

教員になって3〜4年目の頃、私が最も尊敬する先生と同じ学年を組んだ。

 

その方の授業は、素晴らしかった。

 

レベルが違っていた。

 

その先生に一歩でも近づきたかった。

 

私のクラスの授業が専科のときは、必ずその先生のクラスへ行き、授業を参観させていただいた。

 

あまり大きな声では言えないが、私のクラスの子が自習や課題をしているときでさえも、「30秒だけでも」時間を捻出しては、その先生の授業をのぞきに行った。

(隣の教室であったので、すぐに行き来できた)

 

そして、その先生の発した言葉や板書、仕草、授業の展開など、メモできるものはとにかくすべてメモをした。

 

それが私にとっての「宝」のノートなのだ。

 

今日、久しぶりにそのノートを見返した。

 

立つとき、座るとき、音に気を配るんです。

 

漢字は多少かっこ悪くても大丈夫。

とめ、はね、はらいが出来ていれば良い。

 

もっと声出るよ!

いま、誰の声が一番聞こえた?

 

絶対に消しゴムは使わない!

間違えだと思っても、間違えじゃないかもしれない!

あとで使えるかも。

消してる時間がもったいない。

1秒がもったいない!

勉強というのは、間違いをとっておくこと!

 

丁寧に責任をもって渡す!

物を配るというのは、そういうこと!

 

遊びとは、友達のことが考えられること。

誰かがいじめられてるのを見て見ぬふりをするのは、卑怯だ!!

 

読み返していて、思った。

 

私の教育の原点は、きっと、ここだ。

 

この先生への憧れだ。

 

そこから猛烈に勉強をしたと思う。

 

自分の教育者としての基礎となっている。

 

特に、授業に関しては。

 

 

 

その先生が、離任するとき、私にこう言った。

 

「あと、3〜4年もすれば、きっと僕なんかを追い抜いてしまうだろうなぁ」

 

あれから、3年が過ぎている。

 

追い抜くどころか、追いついてもいない。

 

まだまだ遠い。

 

この3年間、自分は怠けすぎていた。

 

環境の変化もあったが、そんなことは関係ない。

 

 

 

この秋、私はまた新たな環境に身を置こうとしている。

 

新たに尊敬する先生と出会った。

 

必死に学びたい。

 

もっともっと「教師としての力」を高めていきたい。

 

数年後、いや、もしかしたら数十年後。

 

自信をもって「追い抜きました」と言えるようになりたい。

 

いつまでも学び続ける教師でありたい。