最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

今ある自分は、過去の自分の積み重ねである。

子どもの頃、たくさんの夢を抱いた。

 

「探偵」になりたいと本気で思った時期もあった。

 

今、思えば懐かしい。

 

もしも「探偵」になったら…なんてことを考えて妄想を膨らましていたものだ。

 

 

 

 

話は変わるが、最近街中でスケボーに乗っている若者をよく見かける。

 

つい先ほど(22時過ぎ)も、夜道をスケボーで走る若者とすれ違った。

 

確かに、歩いたり下手に走ったりするよりは、断然早いだろうし、楽なんだろう。

 

自転車にはスピードではかなわないが、手軽さという点ではメリットが大きい。

 

実のところ、私も中学生の頃にスケボーにハマっていたことがあったが、街中をスイスイ走ることはなかった。

 

移動手段ではなく、遊び手段のスケボーであった。

 

今の若者の間では、スケボーは移動手段として確立しているんだなぁ。

 

そして、スケボーに乗っている若者を見るたびに、よく思うことがある。

 

 

コナン君に影響され過ぎだろう、と。

 

 

ご存知だろうか、「名探偵コナン」を。

 

コナン君は、スケボーを自在に乗り回して、ときにはスケボーで犯人を追跡することもある。

 

街中でスケボーに乗っている若者が、果たしてコナン君に影響を受けたのかは、実際のところは分からない。

 

が、恐らくスケボー少年の8割はガッチリ影響を受けているんだと(勝手に)思う。

 

「コナンって、アニメだぜ?しかも子どもが見るようなアニメだ。そんなものに影響されてるのかよ。笑っちゃうぜ。」

 

そう思われる方はいらっしゃるだろうか?

 

どうか、笑わないでいただきたい。

 

何を隠そう、私も、

 

コナン君にガッチリ影響を受けて

 

探偵になりたいと思ったのだから。

 

あの頃は、本気で探偵に憧れた。

 

いや、ただの探偵ではない、「名探偵」だ。

 

コナン君のように、難解事件をズバズバと解決していきたかった。

 

たくさんの妄想を膨らました。

 

が、いくら妄想といえども、「殺人事件」というものは現実的ではなかった。

 

だから、「給食の牛乳をこぼした犯人は誰だ」とか、

 

「机に落書きをした犯人は誰だ」みたいな事件をズバズバと解決していき、注目を浴びていた。

(そんな妄想だった)

 

そんな私も、今は「教師」をやっている。

 

世の中、何が起こるか分からない。