最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

あの時の、あの言葉が、今でも胸に残っている。

高校生の頃の話。

 

当時、ラグビー部に所属していました。

 

ラグビーのルールなどをあまりご存知ない方には伝わりにくいかもしれませんが、FWの「ロック」というポジションでした。

 

ラグビー部は(当たり前ですが)運動部なので、まぁ、私も人並みには運動能力はあったと思います。(毎日みっちり練習もしていましたし)

 

ただ、部内の中で比べると、飛び抜けているわけではありませんでした。

 

特別、足が速いわけでもない。

 

特別、ボールさばきがうまいわけでもない。

 

ある時期、そういう自分に劣等感を感じ始めていました。

 

そんな気持ちでいるから、練習や試合でミスなんかしたら、余計に自分を責める日々。

 

そんなときに、監督が言ってくれた言葉。

 

 

 

「長所を伸ばせば、短所はなくなる」

 

 

 

私の長所は、ズバリ「背の高さ」でした。

 

ラインアウト」というものがあるんですが(これまた専門用語ですみません)、背が高いとこれは圧倒的に有利になる。

 

私は、これを極めようと思いました。

 

自分に自信が出てくると、プレーも自然とよくなってきます。

(要は気持ちで負けていてはいけないんですね)

 

マイボールのラインアウトはもちろんのこと、相手ボールのときもボールを奪ってはチャンスにするなど、ラインアウトを中心に活躍できるようになりました。

 

そうなると、ちょっとくらい足が遅いとか、ちょっとくらいボールさばきが下手くそでも、全然気になりません。

 

自分の強みを生かしていけばいいのですから。

 

監督が言ってくれた言葉、あのときの自分を救ってくれたなぁと感謝しています。

 

社会人になった今でも、何か壁にぶち当たると「長所を伸ばせば短所はなくなる」という言葉を思い出します。

 

「自分の良さは何だ」と改めて見つめ直します。

 

今、教師という仕事をしています。

 

子どもたちと関わるときにも、このことは私の中では大切にしています。

 

その子の良さが十分に発揮できるようになればいい。

 

短所にばかり目を向けるんではなく、長所を見つけて、そこを伸ばしてあげられるような人でありたい。

 

「そんなことは教師として当たり前だろう」と思えることですが、私にとっては高校生の頃の経験が、あの時の言葉が、自分の根底になっているのです。

 

 やっぱり、「教師」の言葉っていうのは、影響力があるんだな。

 

…このセリフ、前にも言っていました。

 

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

少なからず、私の言葉も影響を与えることがあるんだろうな。

 

ふと、そんなことを感じました。