読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

睡眠時間を記録する、手軽なアプリの紹介。

仕事術関連

私が習慣化していることの1つとして、睡眠時間を記録するということがあります。

こちらの記事にも書いております。


taka-ichi-sensei.hatenablog.com


毎朝3時起きとか言っておきながら、最近は寝坊助です。

原因は明らかで、単に就寝時間が遅いから。

基本的に私は6〜7時間は寝ないと、パフォーマンスが最大発揮されません。

と、まぁ、最近の私の怠けについてはここまでで。

ただ、こういうことを客観的に捉えられるのは、やはり睡眠時間を記録をしているからなのです。

この記録を始めたのは、今年の4月下旬頃からです。


f:id:taka-ichi0504:20160809211533p:plain


このように、エクセルに打ち込んで記録しています。

この作業を、つい先日の8月5日まで毎日欠かさずやっていました。

しかし、8月6日からこちらのアプリを使って睡眠時間を記録することにしました。


快眠ノート

快眠ノート

  • midtown
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料


こちらのアプリ、操作がシンプルで使いやすいので、何のためらいもなく乗り換えてしまったのです。


寝る時と起きた時にワンクリックするだけ


f:id:taka-ichi0504:20160809211653j:plain:w300


このように、就寝前に「寝る」を押して、起床時に「起きた」を押すだけなのです。

細かい設定も多くなく、「寝つくまでの時間」は、「寝る」を押してから何分後に眠りにつくかということ。

「そんなの分からないよ」と思いましたが、よくよく考えてみたらエクセルで打ち込んでいた時だって正確な時間だったわけではなく、おおよその就寝時間を記録していました。

しかも、それは起床時に「昨日何時に寝たっけかな?」と思い出して打ち込んでいたので、それに比べたら遥かに正確です。

そしてもう一つ、「目標睡眠時間」というのが設定できるのですね。

こちらは、1.5時間サイクルで4パターンからしか選択できませんが、十分でしょう。

私は、「6時間」を目標にしました。


自分の睡眠時間をグラフ化してくれる

そしてこちらがすごい。

今までは、エクセルで「就寝」と「起床」の時間が可視化できていました。

このアプリでは、それがより分かりやすくグラフ化されています。

f:id:taka-ichi0504:20160809212537p:plain:w300


こんなパターンのグラフもあります。


f:id:taka-ichi0504:20160809212640p:plain:w300


実際のところ、こちらのグラフを使いこなせてはいませんが、なんだかこれを見るだけでワクワクします。

いやぁ、便利ですね。

探せば、もっともっといいものはあるのでしょうが、私はこれくらいシンプルなものが使いやすいです。

手軽に始められるアプリなので、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。