読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

「大きな声で」を具体的にイメージさせてみる。

「大きな声を出しましょう。」

 

このような言葉は、学校のあらゆる場面で使われます。

 

挨拶をするとき。

教科書を音読するとき。

応援合戦の練習をするとき。

返事をするとき。

歌を歌うとき。

学芸会でセリフを言うとき。

 

などなど、他にもたくさんありそうですね。

もちろん、その場にあった声の大きさというものがあります。

 

そのときに意識したいこと。

 

 

それは、

 

声の大きさを具体的にイメージできること。

 

 

「大きな声」ではイメージがつきにくいです。

 

その場に合わせて、いろんな言葉かけをしていきます。

 

 

「隣の子に聞こえる声で。」

これだけで、声が出てくるものです。

 

「先生にはっきりと聞こえる声で。」

教師に向かって、全員の声が集中します。

 

「黒板にぶつけて、声が跳ね返ってくるように。」

「黒板に穴が開くくらい。」

これを言うと、だいぶ大きな声になります。

 

「隣のクラスの先生が『何?どうした?』とびっくりして見にくるくらいの声で。」

これは、盛り上がります。

隣の教室どころか、そのフロアに響き渡ります。笑

 

「声が響きすぎて、窓ガラスが割れるくらい。もしもそれで本当に割れてしまったら、私が責任を取るから遠慮は無用です。」

信じられないくらいの声が出ます。

ただ、それで窓ガラスが割れたことは今のところ一度もないので、ご安心を。

 

「一万円札を見つけたときくらいの声で。」

これはちょっとしたユーモアです。

たまにやると、楽しい雰囲気になります。

 

 

他にも色んなバリエーションが考えられそうですね。

そして、これは「大きな声」に限ったことではありません。

 

例えば、「小さい声」で話す場面というのもあります。

 

給食のとき。

班ごとに話し合うとき。

清掃中に、何かを指示するとき。

 

などなど。

 

 こういうときにも声の大きさをイメージさせます。

 

「隣の子だけに聞こえる声で。」

「班の中だけに聞こえる声で。もしも先生に聞こえてしまったら、作戦失敗です。」

「アリさんに話しかける声で。」

 

 

また、時には、教師がモデルになることもあります。

 

「先生と同じ大きさの声で。」

 

これだと、教師の声の加減で調整ができますね。

ただ、この場合、多くの子が声だけでなく、言い方まで真似し始めます。笑

 

 

普段から言葉遣いも気をつけないと…。

 

 

 

ちなみに、話は脱線しますが、昨日、2歳の息子が「〜言ったじゃん!」と言いました。

 

じゃん!?

そんな語尾は教えていないぞ。笑

子どもは親の言葉遣いを、よーく聞いているものなんですね。