読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

小学校教師であり、二児の父でもあります。日々のちょっとしたこと、気ままに書いていきます。「最」高の「笑」顔を目指して!最笑はGOOD!(さいしょはグー)

follow us in feedly

家の鍵を失くした話。1

誰にだって、1つや2つ、ものを失くしたことがあるのでは?

私にもある。

 

先日、家の鍵を失くした。

今だからこそ、こんなにあっけらかんと書いているが、その時は、この世の終わりかと思うくらいひどく落ち込んでいた。

 

2度と同じ過ちを犯さないため、そして、ここから学んだことを伝えるために、自分の備忘録としても書いていこうと思う。

 

 

その日は、仕事もひと段落して、早めの帰宅になる予定だった。

5時過ぎ頃には職場を出ていた。

家までは自転車で7Kmほどあるので、時間にして25分くらい。

しかし、この日に限って、TSUTAYAにCDを返さなければならなく、普段とは別の道で帰宅したのだ。

この道が後ほど厄介になるのだが…。

 

15分ほど自転車で進み、TSUTAYAに着き、CDを返し、さあ家へ…と思った時。

お尻のポケットに手をかざすと、

 

 

 

鍵がない!!

 

 

実は、私、普段から家の鍵をキーケースに入れていて、帰宅時には、ズボンのお尻のポケットに入れているのだ。

なぜかって、家に到着したときに、わざわざカバンから鍵を出すのが面倒臭い。

それに、生まれてこの方、鍵を落としたことがない!

そんなもんだから、なんの不安もなく、この日もお尻にキーケースを入れていた。

そのキーケースがないのだ。

周りを探してもない。

TSUTAYAに入って探してもない。

念のため、カバンの中を探してもない。

ここで初めて「あ、これ、どこかに落としたな。」と確信した。

 

とりあえず、まだ日も出ていて明るいので、職場までの道を戻ってみる。

よく目を凝らして見てみるが、それらしきものはない。

しかも、この日に限って、いつもとは違う道。

この道がとても狭い!

しかも、狭いのに、バス通りとなっていて、交通量が激しい!

 

これでは、じっくりと探せない。

けど、「この道ではないかもしれない」と思い、先へ先へと進む。

結局、職場まで戻ってきたが、見つからなかった。

日もだんだんと落ちてきて、あたりは薄暗くなる。

 

 

ここで初めて家へ電話をかける。

とりあえず、もう少し探してみるので帰宅が遅くなるということ。

そして念のためにも、家の内鍵もしっかりロックしておくこと。

それを伝えて、再びTSUTAYAまでの道を進んだ。